食べ方のコツを気軽に読めるWEBサイト「たべぷろ」では、「食育」「マナー」「食文化」などさまざまな食に関する専門知識を持つ『食のプロ集団』のアドバイスを読むことができます。バラエティー豊かな専門家ライターの記事を楽しんでくださいね。「たべぷろ」では、専門家ライターを随時募集中です。お問い合わせは文末のフォームからお願いします。

たべぷろ専門家ライター(50音順)


スパイスカレー研究家 赤羽根祐司

2011年、自転車日本縦断の旅で″食″に目覚める。カレーを追求するため、数回にわたるインド渡航や食べ歩き、カレー圏の留学生との共同生活を経てカレーの魅力を追求中。現在は、food-tripCREATIVE WORKSで各地の素材をふんだんに活用したカレー作りと商品開発に携わっている。記事の一覧はこちら


お魚クリエーター 石原祥訓

合同会社BICS常務執行役員  22歳のとき寿司道に入り、その後某飲食チェーン店に就職をへて会社を設立。「安心」「安全」「美味しい」をキーワードに25年間培ってきた飲食業の経験を活かし飲食店のアドバイザーとしても活動しています。記事の一覧はこちら


DiamondLife合同会社 伊藤みさ

メディアプロデューサー。地域サイト「広島ニュース 食べタインジャー」で広島の食を、女性向けWEBマガジン「時遊zine」で食のトレンドも追い続ける。農家に嫁ぎ、実家は漁業を営む生まれながらの食いしん坊。記事の一覧はこちら


コーヒーコーディネーター 碓氷あげは

コーヒーコーディネーターの資格を持つ二児の母です。好きなコーヒーに合うものを考えたり、飲み方を変えてみたり、日々コーヒーの可能性を楽しんでいます。コーヒーのおいしさをいろいろな方に知ってほしいです。記事の一覧はこちら


日本酒学講師 大越智華子

「酒は文化である」との理念のもと、30年に及ぶ酒販店と飲食店の実務をする傍ら、日本酒学講師として日本酒をはじめ、ワイン、ビール、ウイスキーなど酒類全般のセミナー講師やイベントを手掛ける。記事の一覧はこちら

https://tabepro.jp/author/npo-ohtani
マナーコンサルタント 大谷晃

マナーコンサルタント/食空間プロデュサー/NPO法人日本ホテルレストラン経営研究所理事長 プロトコールのテーブルマナーや日本料理の食卓作法の講演ならびホテル、レストラン、ブライダル業界の人材育成を行う一方、フランス料理、ワイン、チーズの普及啓蒙および社会貢献が認められ、フランスの騎士団より7つの騎士の称号を受章。記事の一覧はこちら


ワインコーディネーター 大塚美咲

ソムリエ/レストランサービス1級技能士/日本酒きき酒師  ホテル、ウエディングの多数の専門学校講師を務め、その傍ら都内ワインバーにて勤務し、各方面でワインの魅力を伝える活動を展開中。記事の一覧はこちら


礼儀作法研究家 岡田弥子

『礼儀作法は心を形に表したもの・相手に対する思いやりです』 季節の行事食など和文化の礼儀作法やマナー、いまさら聞けないお作法などをご紹介します。書道師範「初空(はつそら)習字教室」主宰。記事の一覧はこちら


フランス在住トラベルコーディネーター 小川裕子

フランス北西部ノルマンディー地方在住の旅コーディネーター。フランス労働省認定観光カウンセラー免状保持。観光案内、メディア取材対応(TV撮影、雑誌)他、ノルマンディーの魅力を「美食、美容、美観」と共にお伝えする活動を展開中。記事の一覧はこちら


食の総合コンサルタント 小倉朋子

食の総合コンサルタント /(株)トータルフード代表取締役 / 亜細亜大学講師 / 食輝塾主宰  24時間食一色の生粋の食オタク。メニュー開発、マナー、箸文化、ダイエット、食育などあらゆる分野の食に精通、提案をしている。記事の一覧はこちら


管理栄養士 大山加奈惠

株式会社Kan-Z(カンジ)代表取締役  福岡を中心に企業や学校で親子料理教室や食育講座を行う。栄養指導と仕事効率アップ&メタボ予防講座で、企業の健康を食事面からサポートしている。《食造りを通じて、健康で笑顔であふれる世界を作る》を目指して活動中。記事の一覧はこちら


健康食研究家 角田真希

私はヘアメイクアップアーティストであり、 水素健康療法を用いた【健康な体・心・美】を推進しております。 笑顔あふれるイキイキとした女性を目指し、 生活習慣である毎日の食と予防法を日々研究しております。記事の一覧はこちら


重ね煮弁当研究家 北知美

重ね煮アカデミー(R)認定講師/管理栄養士  娘のアトピーをきっかけに重ね煮アカデミーで学びました。 野菜たっぷりでも子供が満足できるお弁当づくりをご提案します。 自宅で料理教室kitchen suzuminagiを開いています。記事の一覧はこちら


ミクソロジー・バーテンダー 清崎雄二郎

熊本県出身。2000年オープンの東京ドームホテルのメインバーBAR2000の立ち上げに携わる。2008年に自身の会社ヴィーノジャパン株式会社を設立。ホテルスクールの講師も勤める。2011年に池袋Bar LIBREを立ち上げる。2015年ヘネシーミクソロジーコンペティション日本代表、優勝。記事の一覧はこちら


BIO料理研究家 倉岡生夏

株式会社KINABIO代表取締役  安心で美味しく健康な食事で皆さんの心と体の幸せを体感していただきたく活動しています。オーガニック料理教室、商品開発、レストランのコンサルタント、ケータリング事業。資格 クシマクロビオティックコンシェルジュ/ローフードマイスター/ファスティングインストラクター/ショコラアドバイザー/フードマイスター/テーブルコーディネーター/ナチュラルフードコーディネーター。記事の一覧はこちら


デザートプランナー 清水涼子

千葉県生まれ。2児の男子の母。子育てをきっかけに、自宅で誰でも簡単に5分でできるカフェスタイルなおもてなし「スイーツリメイク」を発案。現役時代は200社以上のデザートメニュー企画開発を担当。現在はスイーツを通しておもてなしの奥深さをお伝えしています。記事の一覧はこちら


オランダ在住フードコンサルタント 白神三津恵

EUSTIM代表。1998年より、オランダに住居を移す。 理学博士である夫と共にEUSTIMを立ち上げ、日欧間の食品および医科学関係のコンサルタント業務に携わっている。 食品分野を担当。日欧間で食品分野における新商品の紹介や企業間の架け橋、視察のアレンジや同行(通訳)等を行っている。記事の一覧はこちら


ハーブ・スパイス料理クリエーター 諏訪麻衣子

レストラン、ワインショップ、フランス滞在を経て2007年から都内にて店舗を構える。『料理王国』、『大人の週末』、『開業読本』にも掲載される人気店に。ソムリエール、チーズプロフェショナル、メディカルハーブ、調理師の資格あり。 結婚を機に、都内を離れ、自然環境の多い二宮へと移る。記事の一覧はこちら


フードスペシャリスト 太地由美

(社)日本フードラボ&トレーニング協会理事長。フードスペシャリスト・フードコーディネーター・6次産業化中央サポートセンタープランナー。商品企画開発、衛生管理、導入機器活用を国内外で支援する。調理師、製菓衛生師、厨房設備士2級、食農級2級、JHTC/HACCPコーディネーター 記事の一覧はこちら


ママライター 高橋あんづ

2人の男児を抱える母ちゃんライター。 ご飯嫌いの長男と、食欲モンスターの次男に振り回される日々を送っている。 節約志向のためケーキやらトルティーヤやら何でも作ろうとするが、家事能力が低いため失敗も多い。記事の一覧はこちら


重ね煮の専門家 田島恵

「台所は家庭の薬箱」家庭の台所から家族の健康を整える重ね煮健康料理家、田島恵です。 重ね煮は、切って重ねて火にかける3ステップで、油、砂糖を使わずとも野菜がたっぷり美味しくいただける「時間健康料理」です。 アレルギー、体調不良で困っている方だけでなく、野菜嫌い、料理嫌いの方こそ、「重ね煮」の魅力を伝えることを使命と考えています。記事の一覧はこちら


フードビジネスコンサルタント たなかのりこ

株式会社ワンダーマート代表取締役/フードコーディネーター1級  秋田県横手市在住。地域の食材を様々な角度からコーディネート。6次産業化の事業支援や商品開発および販売促進のコンサルティングを行う。記事の一覧はこちら


料理研究家 千葉真知子

東京、ニューヨークを拠点に活躍。日本人料理研究家としてはじめて米国でアーティストビザを取得。電子レンジ調理鍋「クック膳」(経済産業省大賞受賞)を世界的な商品に育てる。現在は和菓子を世界に広めるための普及に取り組む。記事の一覧はこちら


とかち観光大使 栂安信子

つがやす・のぶこ。長崎生れ、北海道帯広在住。日本雑穀協会認定雑穀クリエイター。 十勝の恵まれた食材を使い新聞社カルチャー教室、帯広市教育委員会派遣講師として活動中。家庭料理で会話の弾む食卓作りがテーマ。記事の一覧はこちら


シングルかあちゃんライター テミタ夏

シングルマザー街道を、周囲の助けを目いっぱい借りながら猛進中。先祖代々の食いしん坊、食べるだけじゃ物足りず、作ってみたり、食べてみたりを繰り返すクセがある。最近、息子の食欲が凄まじすぎて笑っている。記事の一覧はこちら


食育研究家 長島和美

調理師学校全国コンクールで最高賞を受賞し料理人の道へ。長男の喘息をきっかけに「食」について食育、マナー、食空間など多方面から学ぶ。陸上とバスケをする息子を持ち食習慣について日々研究中。記事の一覧はこちら


国際中医薬膳師 渚月順子

楽薬食膳代表。漢方薬局で偶然に薬膳に出会い、中医学の考え方に共感し薬膳の面白さ、奥深さにふれ、国際中医薬膳師の資格を取得して、まだまだ難しいと思われている薬膳の素晴らしさを広めたくなりました。記事の一覧はこちら


コムラード・オブ・チーズ 鍋谷萌子

フードコーディネーター、ワインコンシェルジュなど食の資格を5つ持つフードライターです。海外によく足を運ぶので、土地のワイナリーを巡ったり、牧場のチーズやお肉を食べ歩いたりしています。記事の一覧はこちら


ウイスキー、カクテル、燻製の専門家 橋口孝司

ホテルに26年勤務。バーテンダー、料飲支配人、副総支配人等を務め酒類団体の顧問等も歴任。お酒の教室ではウイスキー、カクテル、自宅でできる燻製料理の講座を行う。著書は「ウイスキーの教科書」他26冊。記事の一覧はこちら


ティーコーディネーター 星なお子

リプトン・ブルックボンドハウス認定ティーコーディネイター  紅茶教室 Blanc eclatant(ブラン・エクラタン)主宰。過去に、ミシュラン一つ星レストランにて紅茶セミナー・和紅茶や高級茶葉ティーバッグ試飲会など開催。記事の一覧はこちら


調味料研究家 松本葉子

京都を拠点にフリーランスのライターとして20年以上専門誌、一般誌に食関連の取材記事等を執筆。また食物学専攻の大学在学中から料理を研究し、京都の食文化や国内外の調味料の便利で美味な使い方を紹介している。記事の一覧はこちら


スポーツ栄養士 馬明真梨子

まみょう まりこ・SHOKU LEAD代表。 スポーツジム勤務を経て、現在は広島県を中心にスポーツ選手の食事サポート、食トレ講座の主催や体操教室の運営等に携わる。また小学生、幼稚園児、0歳児の育児や食育にも奮闘する三児の母。記事の一覧はこちら


ベジフルボディデザイナーmocco

mocco.company代表/「ベジフルボディデザイン」五感をくすぐる食卓プロデューサー/赤いジャガイモLady j(R)他食材プロデュース販売/野菜ソムリエ上級プロ/ピアカウンセラー/お味噌汁復活ライター 記事の一覧はこちら


餅田雅子(モッチーママ)

大和薬膳料理教室主宰。旬の素材の効能で体に嬉しいレシピを開発。 「モッチーママの薬膳麦味噌カレー」「モッチーママの美味しい薬膳マドレーヌ」 「モッチーママのやさしいくちどけ薬膳ピーマンジャム」など多数商品化。記事の一覧はこちら


時短研究家・子育てライター 餅村わらび

「仕事も子育ても楽しみたい」そんな思いから時短を研究している一児の母。 最近は家事と食事のクオリティを落とさずにいかに短縮できるかがテーマ。 あいた時間で子どもと遊ぶことがなによりの楽しみ。記事の一覧はこちら


「お米さん」を世界で販売 森本一

1974年からイタリアに在住し、イタリア産のお米を寿司米「お米さん」としてヨーロッパを中心に販売。日本の食文化を普及するために、国際食品展示会で日本の食品や機械を展示。2015年ミラノの中心に「寿司を出さない和食の店」をオープン。記事の一覧はこちら


DEEokinawa 安田麻衣子

愛媛生まれ大阪育ち、2005年より沖縄在住。ライターやweb制作をしながら島の端っこで細々と生息中。表通りより裏通りが好き。泡盛マイスター。沖縄B級ポータルDEEokinawaのなかのひとです。記事の一覧はこちら


日本食糧新聞記者 山田由紀子

イベントや農業担当記者として日本全国を駆け回っている。また、海外の取材も多い。約20年にわたる記者経験の中で食に関係のある展示会や商談会の取材数は数え切れない。趣味はお菓子づくり、特に焼き菓子を得意とする。ハーブ・スパイスの栽培と応用、クッキングはライフワーク。記事の一覧はこちら


焼酎スタイリスト yukiko

焼酎スタイリスト(R) ファッションスタイリスト、色彩講師。色彩総合プロデュース「スタイル プロモーション」代表。蔵元らと連携して日本のお酒「國酒」を“流行×オシャレ”に情報発信。焼酎インスタグラマー。記事の一覧はこちら


食ライター 吉田紀子

テレビ番組プロデューサー 大学卒業と同時にテレビ番組制作会社に入社。 奥薗壽子のズボラ料理術など料理研究家と組み、食をテーマにした番組を多数制作。現在、その経験から「食べること」の素晴らしさ・大事さを伝えていく活動を行っている。記事の一覧はこちら


韓国家庭料理研究家 李亜民

アンニョンハセヨ!在日コリアン3世です。韓国料理を作るのも食べるのも大好きな2児の母です。新鮮朝採り野菜を使い韓国家庭料理教室をやっています。「お家で楽しめる簡単韓国家庭料理」や「子どももぱくぱく韓国家庭料理」などチャレンジしていきたいです。記事の一覧はこちら


管理栄養士 リラップ

病院で管理栄養士として様々な疾病がある方の食事指導をしている30代独身女性。炭水化物が大好物で最近はパンバイキングに夢中。記事の一覧はこちら

たべぷろ編集長 貞苅江梨子

日本食糧新聞社「新製品トレンド」編集記者。 学生時代に栄養学を専攻。休日はパン教室の講師補助やミニ教室も。 子どもが生まれたことを機に保育士資格を取得。 3歳の女の子のママでもある編集長が、食べ方(食べさせ方)のコツをお伝えします。記事の一覧はこちら

「食べ方」に関するコラムを寄稿してみませんか?

たべぷろにコラムを寄稿していただける食の専門家ライターを随時募集しています。食に関する資格をお持ちの方や「食べ方」に関して研究をされている方など、ぜひご応募ください。
条件など詳細についてのお問い合わせはたべぷろのお問い合わせフォームからお願いいたします。