在宅勤務で運動不足の人にもおすすめな「安くてヘルシーで働くママの味方!豆腐を使った夜ごはん15分レシピ10選」をご紹介します。豆腐は、肉や魚に比べてカロリーも低く、安く購入できます。保存期間も長く、いつも家にあることが多いので、冷蔵庫にあれば買い物に行けなかった日でもすぐ作れますよね。また、豆腐はそのまま食べられる食材なので調理時間が短くて済むのも忙しいワーママにとってうれしいですね。

豆腐は、脇役のイメージが強いですが、味付けや見た目を工夫すれば主役級の1品になるんです。節約もキレイも手に入れたいワーママにぴったりな15分以内で作れるレシピをまとめています。ぜひご覧ください。

大人はピリ辛、子どもの分は途中で作り分け!麻婆豆腐

最初に紹介するレシピは、麻婆豆腐です。豆腐料理といったら最初に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?こちらは、チューブタイプの調味料を使って作るので、にんにくや生姜をすりおろす手間が省けて時短で作れます。

また、大人の分と子供の分を取り分けて作れるので、家族みんなの分を一度に作れるのは忙しいワーママにとって助かりますね。詳しくはこちら→ママ管理栄養士おすすめ麻婆豆腐15分レシピ!ごはんが進んで夏バテ防止

【材料】(3~4人分)
豆腐(絹がおすすめ) 1丁
豚ひき肉 100g程度
ゴマ油 大さじ1
★長ネギ 5cm
★にんにく 1cm(チューブ)
★しょうが 1cm(チューブ)
●醤油 大さじ3
●味噌 大さじ1
●鶏ガラスープの素 小さじ1/2
●砂糖 小さじ1
●水 1/2カップ
水溶き片栗粉 小さじ1
豆板醤 小さじ1

【作り方】

  1. 豆腐は一口大に、長ネギはみじん切りにする。●の材料で合わせ調味料を作っておく。
  2. フライパンにゴマ油をひいて★を炒め、豚ひき肉を加える。
  3. 合わせ調味料と豆腐を加えて3分程度煮てから、水溶き片栗粉でトロミをつける。
  4. 最後に豆板醤を加えて、辛味をつけたら完成。

ご飯が進む!豆腐ステーキマヨそぼろあん

こちらは、旨みたっぷりのひき肉と合わせてご飯が進む味なので夕飯にぴったり!な豆腐ステーキのレシピです。

豆腐の水切りは電子レンジで行うと時短になり、フライパンのみで調理が完結するため、お腹が空いた子供にさっと作れる1品です。子供の好きなマヨネーズ風味で、ご飯をもりもり食べてくれそうですね。詳しくはこちら→ひき肉と豆腐で子どもに人気の夜ごはん!フライパンで作れる15分レシピ3選

【材料】(4人分)
木綿豆腐 400g(1丁)
◎片栗粉 大さじ2
豚ひき肉 100g
片栗粉 小さじ1/2
ネギ 5cm
ごま油 大さじ2
★マヨネーズ 大さじ1.5
★醤油 大さじ1.5
★みりん 大さじ1.5
★砂糖 大さじ2
★酒 大さじ2
レタス 適量

【作り方】

  1. 木綿豆腐は水切りをする。ネギはみじん切りにする。レタスは食べやすい大きさに切りお皿に広げておく。★を合わせて混ぜる。
  2. 水切りした木綿豆腐を8等分に切り、両面に◎の片栗粉をまぶす。フライパンにごま油大さじ1を入れ、中火で両面をカリッと焼き、レタスの上にのせる。
  3.  (2)のフライパンにごま油大さじ1を入れ、豚挽き肉を炒める。色が変わったら片栗粉を加え炒めて、★を加えとろみがつくまで混ぜ、ネギを散らし、豆腐の上にかける。

包丁いらず!キャベツたっぷり肉豆腐

こちらは、レンジのみで作れて包丁も使わない肉豆腐のレシピです。簡単なので、帰宅後にお子様と一緒に作れそうですね。

春雨、キャベツたっぷりでヘルシーなうえ、キノコや野菜、お肉、豆腐と具材がたっぷりで栄養満点に仕上がります。ダイエット中にもうれしい夕飯メニューですね。詳しくはこちら→ワーママにおすすめキャベツたっぷり肉豆腐!包丁いらずのレンジ調理15分レシピ

【材料】(3人分)
豚の小間切れ肉 200g
春雨 50g
えのき 0.5袋
キャベツ 100g
絹ごし豆腐 0.5丁

A 醤油 大さじ1
A 調理酒 大さじ1
A ごま油 小さじ1
A 塩胡椒 少々
A 白炒りごま 大さじ1

【作り方】

  1. キャベツは手でちぎる。えのきは石づきをキッチンバサミで切り落とし、半分に切る。
  2. 春雨は耐熱の容器に入れてひたひたの量の水を入れてラップをする。レンジ(600W)で2分加熱をして柔らかくする。レンジから取り出したら、ザルなどで水分をきりキッチンバサミで半分に切る。
  3. 耐熱容器にキャベツ・えのき・カットした春雨を入れて、上に豚肉をのせラップをしレンジ(600W)で5分加熱する。
  4. 耐熱器に(3)を盛り付け、中心にくぼみを作って豆腐をスプーンですくって入れ、ラップをしてレンジ(600W)で2〜3分加熱して豆腐が温まったら完成。

トロ~リ食感の豆腐とツナのマヨネーズグラタン

こちらは、豆腐が苦手なお子様にもおすすめしたい豆腐グラタンのレシピです。潰したクリーミーな豆腐とツナ、マヨネーズなど子供の好きな食材と混ぜて焼いているので豆腐感がなくなり、豆腐の食感や味が苦手な人でも食べられるんです。

冷凍野菜などを入れるアレンジ方法も紹介されています。豆腐は安いし健康にもいいので、豆腐嫌いのお子様がいるワーママはぜひお試しくださいね。詳しくはこちら→ワーママにおすすめ豆腐を使ったレシピ3選!10分でできて子どもウケもいい

【材料】(3人分)
絹豆腐 1丁(400g)
ツナ缶 1缶
マヨネーズ 大さじ1
粉チーズ 大さじ2
醤油 小さじ1
ピザ用チーズ 大さじ3

【作り方】

  1. 豆腐をキッチンペーパーで二重に包み上におもりをのせて、600Wで3分温める。
  2. 水切りした豆腐をホイッパーで粗く潰す。
  3. ツナ・マヨネーズ・醤油を入れて混ぜる。
  4. トースターで表面に焼き色が付くまで焼く。

野菜たっぷり炒り豆腐

こちらは、野菜の旨みが豆腐にしみて美味しい炒り豆腐のレシピです。冷蔵庫にある野菜、豆腐を使えば忙しくて買い物に行けなかった日でも作ることができます。豆腐を水切りしなくてもいい手軽さもワーママにうれしい作り方となっています。

お子様はご飯にかけて丼風にするとスプーンでパクパク食べられます。残りの半端野菜などがある時に作れば、冷蔵庫もきれいになって、家族みんなが満足できる夕飯メニューとなりますね。詳しくはこちら→ママ管理栄養士おすすめ豆腐料理2選!10分で作れて子どものごはんがすすむ

【材料】(4人分)
木綿豆腐 1パック(約150g)
大根 6cm
人参 4cm
ピーマン 1/4個
しめじ 1/4パック(25g)
ごま油 小さじ1

A だしの素 小さじ1
A 砂糖 大さじ1
A 醤油 大さじ1
A みりん 大さじ1
A 水 150cc(豆腐の入っていたカップ1杯分)

すりごま 少々

【作り方】

  1. 大根・人参・ピーマンは1cm角に切り、しめじは1cm長さに切ります。
  2. 鍋にごま油を熱し、(1)を炒めます。軽く油がまわれば豆腐を入れて、豆腐を崩しながら炒めます。
  3. Aを入れて、時々混ぜながら中火で煮ます。(約10分)
  4. 煮汁が具材に染み込めば、すりごまをかけて器に盛り付けます。

ふわふわ豆腐のミートボール

こちらは、豆腐を使ったミートボールのレシピです。ひき肉に豆腐を入れてかさ増しすることで、ヘルシーになり食感もふわふわに!ビニール袋を使って肉だねを作るので、手も汚れず洗い物も減ります。

ミートボールといえば揚げて作りますが、このミートボールは電子レンジで作れます。カロリーカットにもなり、火を使わないので他の家事もできるし一石二鳥でワーママにおすすめの夕飯メニューです。詳しくはこちら→ママ管理栄養士おすすめ豆腐ミートボール!洗い物も少なく15分で作れる

【材料】(2人分)
<肉だね>
豚ひき肉 180g
絹豆腐 1/3丁(100g)
パン粉 山盛り大さじ3
塩 小さじ1/4
こしょう 少々
片栗粉 大さじ1/2
玉ねぎ 1/4個(50g)
にんじん 1/4本
しめじ 1/4パック(50g)
ブロッコリー 4房

<ソース調味料>
ケチャップ 大さじ3
ウスターソース 大さじ1
砂糖 小さじ1
水 大さじ3
有塩バター 10g

【作り方】

  1. 玉ねぎはみじん切りにする。にんじんは5mm幅の輪切りにする。しめじは根元を切り落とし、大きめにほぐす。ブロッコリーは1房が大きい場合は食べやすい大きさに切る。
  2. 小さいボウルにソースの調味料を入れて混ぜる。
  3. 袋に絹豆腐・パン粉を入れて豆腐をつぶすしながら混ぜる。残りの肉だねの材料を加え、揉み込むように全体が均一になるまで混ぜる。
  4. (3)の袋の端を1cmほど切り落とし、耐熱皿に食べやすい大きさにスプーンを使いながら絞り出す。
  5. 肉団子のまわりに(2)を流し、空いている部分ににんじん・しめじをのせる。ふんわりとラップをして600Wのレンジで4分加熱する。
  6. 取り出して肉団子を裏に返し、ブロッコリー・バターをのせ、再びラップをして600Wのレンジで2分加熱する。取り出したらさっと混ぜる。

鮭缶と豆腐のハンバーグ

こちらは、お魚嫌いのお子様にも食べやすい鮭を使った豆腐ハンバーグのレシピです。疲れて帰ってきても包丁いらずで作れます!混ぜて焼くだけなのに、豆腐が入っているのでふんわりとした食感で、お子様にも食べやすいハンバーグに仕上がります。

鮭缶も豆腐もそのまま食べられる食材なので、ハンバーグの生焼けの心配がないのもうれしいですね。小さいお子様も、小さく焼いたり、食べやすく切ってあげたら手づかみ食べなどに応用できるハンバーグです。詳しくはこちら→お魚が苦手な子どもにおすすめ鮭缶豆腐バーグ!15分でメインとスープを同時に作る栄養満点レシピ

【材料】(4人分)
木綿豆腐 1/2丁
鮭缶 大1缶(約180gのもの)
パン粉 1/2カップ
卵 1個
冷凍ミックスベジタブル 1カップ
塩、こしょう 各少々
バター 10g
A ケチャップ 大さじ3
A マヨネーズ 大さじ3

【作り方】

  1. 木綿豆腐は水気を切って2重にしたキッチンペーパーに包んでぎゅっと押さえ、ボウルに入れる。
  2. (1)に鮭缶を缶汁ごと入れ、パン粉を加えてなじませ、卵・冷凍ミックスベジタブル・塩・こしょうを加えて混ぜる。
  3. (3)を4等分して楕円形にし、フライパンにバターを中火で熱して並べ入れ、約3分蒸し焼きにする。
  4. 裏返して再び蓋をし、約3分加熱し、両面こんがりと焼けたら器に盛ってAを混ぜ合わせてかける。

子どもが大好き!豆腐ナゲット


こちらは、子供が大好きなナゲットを豆腐と卵とツナで作るレシピです。材料は全てそのまま生で食べられるものなので、火の通り加減を気にする必要がなく、忙しい夕飯作り時でもサッと作れます。

肉を使っていないのでお財布にも優しく節約になるうえ、子供も大喜びでワーママに優しいメニューです。平日に子供の誕生日がある!という時などに作ってあげたら喜んでもらえそうなメニューです。詳しくはこちら→ママ管理栄養士おすすめ豆腐ナゲット! 15分でできる節約レシピ

【材料】(3~4人分)
豆腐(木綿or絹) 1丁
卵 1個
ツナ缶 1缶
小麦粉 大さじ4~5
醤油 大さじ1
マヨネーズ 大さじ2
塩コショウ 少々
揚げ油 適量

【作り方】

  1. 豆腐を手で適度なサイズにちぎり、ペーパータオルをひいた耐熱皿にのせて、電子レンジで600W30秒ほど加熱して水切りをしておく。
  2. 豆腐・卵・ツナ缶を混ぜ合わせて、小麦粉・醤油・マヨネーズ・塩コショウを加えて味を調える。
  3. 揚げ油を熱して、スプーンなどで形を作りながら落とし入れて揚げていく。
  4. きつね色になってきたら、完成。

豆腐を使ったボロネーゼパスタ

こちらは、豆腐と野菜をたっぷり使ったボロネーゼパスタのレシピです。なんと、肉よりも豆腐や野菜の方が多いんです!豆腐と野菜がたっぷりでヘルシーなので、ママのダイエットメニューにも良さそうですね。

豆腐のボリュームアップで節約にもつながり、栄養もたっぷりなので子供にもたくさん食べてもらいたいメニューです。冷凍保存もできるので、多めに作ってストックしておくと便利です。詳しくはこちら→【幼児食】お豆腐で栄養とボリュームをアップするレシピ3選!

【材料】(2人分と冷凍ストック分)
合い挽き肉 180g
玉ねぎ 1/2個
しめじ 1/2株
人参 1/3本
豆腐 3個パックの1個分
バター 大さじ1杯
オリーブ油 大さじ2
コンソメ顆粒 小さじ1
市販のソース 小さじ1
トマトケチャップ 大さじ1
パスタ 150g

【作り方】

  1. 耐熱容器に豆腐を入れて電子レンジ(600W)で2分ほど加熱して水切りする。
  2. フライパンに油を入れて、みじん切りにした玉ねぎとしめじを炒める。炒まったら人参をすりおろして加える。
  3. 野菜がしんなりとしたらバターを加える。
  4. (3)に豆腐と挽き肉を加えてさらに炒める。
  5. 野菜や挽き肉に火が通ったらコンソメ・ソース・ケチャップを加える。

ケチャップがよく混ざったらボロネーゼのソースは完成です。半量は冷凍できる容器などに入れて冷凍保存しておきましょう。

あと1品が欲しい時のお豆腐スープ

こちらは、電子レンジのみで作れる洋風豆腐スープのレシピです。あと1品作りたいけど、帰宅後の忙しい時間にその1品を作るのが大変ですよね。そんな時に、豆腐を使った簡単スープはいかがでしょうか?

電子レンジのみで作れるので、コンロが空いていない時でもサッと作れます。こんな簡単なのに栄養が取れるので、ワーママも成長期のお子様にとってもうれ嬉しいメニューです。詳しくはこちら→レンチンだけの洋風お豆腐スープ!あと一品が超簡単に【レシピ付き】

【材料】(1人分)
お豆腐 90g
顆粒コンソメ 小さじ1/2
醤油 小さじ1/2
ピザ用チーズ 10g
バター 3g
水 2/3カップ
(お好みでブラックペッパー)

【作り方】

  1. お豆腐は食べやすい大きさに手でちぎり、すべての材料と一緒にマグカップに入れる。
  2. 電子レンジに入れて2分程度加熱する。お好みでブラックペッパーをかけてください。

おわりに

今回は「安くてヘルシーで働くママの味方!豆腐を使った15分レシピ10選」を紹介しました。豆腐はそのまま食べられる食材なので、時短調理が可能なのがうれしいですよね。脇役になりがちな豆腐ですが、他の食材と合わせたり、上手に使って節約もキレイも手に入れましょう!ぜひお試しくださいね。