こんにちは! 偏食児持ちの食育インストラクターのひなた葵です。今回は栄養があってかさ増しをしたい時におすすめのお豆腐を使った幼児食レシピをご紹介します。
豆腐は一丁100円未満で購入できるので、お財布にもとってもありがたい食材です。また、豆腐を料理に入れると、ふわふわのやわらかい食感になるので、幼児でも食べやすくなりますよ。今回はそんな豆腐を活用した幼児でも食べられるレシピを3つ紹介していきます!

豆腐を使ったボロネーゼ風パスタ ヘルシーなうえにお腹も満足!

では、実際に豆腐を使った幼児でも食べられるレシピを見ていきましょう。初めに紹介するのは、ボロネーゼに使用する挽き肉に豆腐を混ぜてボリュームアップさせるレシピです。上の写真が実際に4歳の子どもの夕食に出した豆腐入りボロネーゼ風パスタです。

野菜もたっぷり入れるので幼児に必要な栄養も摂れるのが嬉しいポイントですよ! お肉の量よりも、豆腐や野菜のほうが割合が多くなるのですが、気づかれずにぱくぱくと食べてもらえるはずです。

【材料】(2人分と冷凍ストック分)
合い挽き肉 180g
玉ねぎ 1/2個
しめじ 1/2株
人参 1/3本
豆腐 3個パックの1個分
バター 大さじ1杯
オリーブ油 大さじ2
コンソメ顆粒 小さじ1
市販のソース 小さじ1
トマトケチャップ 大さじ1
パスタ 150g

【作り方】

1.耐熱容器に豆腐を入れて電子レンジ(600W)で2分ほど加熱して水切りする。

2.フライパンに油を入れて、みじん切りにした玉ねぎとしめじを炒める。

3.(2)に人参をすりおろして加える。

4.野菜がしんなりとしたらバターを加える。

5.(4)に豆腐と挽き肉を加えてさらに炒める。

豆腐は木べらでザクザクと切るようにほぐしていってください。炒めているとすぐにやわらかくなって挽き肉や野菜と馴染んでいきます。

6.野菜や挽き肉に火が通ったらコンソメ、ソース、ケチャップを加える。

ケチャップがよく混ざったらボロネーゼのソースは完成です。半量は冷凍できる容器などに入れて冷凍保存しておきましょう。

忙しくて料理する時間がない時の助けとなってくれますよ!

ボロネーゼソースができたら、後はパスタをゆでてよく絡めればボロネーゼ風パスタの完成です。お好みで粉チーズをかけてもおいしくなりますよ。

挽き肉よりも野菜や豆腐のほうが量が多いくらいの配分になっています。でも、言われなかったら絶対気づかれないくらい「お肉を食べた」という満足感が得られるはずですよ!

でも、実際にはとってもヘルシーなのでくどくなく後味サッパリなところも魅力です。

鶏挽き肉と豆腐のそぼろ丼 甘辛風味で食が進む!

続いて鶏挽き肉と豆腐を使ってそぼろ丼を作っていきます。忙しい時にパパッと作ってご飯の上にのせるだけなので、とっても手軽です!

甘辛い味付けなので、子どもの箸も進んでくれるはずですよ。

【材料】(2~3人分)
鶏挽き肉 100g
玉ねぎ 1/2個
しめじ 1/2株
豆腐 3個パックの1個分

<甘辛だれの合わせ調味料>
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ2/3

【作り方】

1.玉ねぎとしめじをみじん切りにし、サラダ油(材料外)を加えて炒める。

しめじはあまり味には影響しませんが、栄養価アップのために加えました! きのこ類は免疫力を高めてくれる効果が期待できるので、なるべく料理に刻んで加えるようにしています。しめじではなくても舞茸など他のきのこでもOKですよ。

2.野菜がしんなりとしたら挽き肉を加えてよく炒める。

3.耐熱皿に豆腐を加えてふんわりとラップをしたら電子レンジ(600W)で2分ほど加熱する。

4.挽き肉に火が通ったら豆腐を加え、砕くようにつぶしながら火をしっかりと通していく。

5.醤油と砂糖を混ぜ合わせてたれを作る。

6.挽き肉に作ったたれを絡ませてサッと炒めたら完成。

子ども用の豆腐入り鶏そぼろ丼が出来上がりました。甘めに味付けをしたので、子どももよく食べてくれました。

野菜もたくさん入っていますが、お肉や調味料の味がしっかりと浸み込んでいるので、そのままパクパクと食べてくれましたよ!

ちょっぴり甘めの牛丼みたいな感じの味付けなので、手直しせずにこのままの味で大人にも食べてもらえますよ。気になる方は少しだけ醤油を加えてみてください。

そぼろあんかけ豆腐 とろりとしていて食べやすい!

最後に紹介するのが豆腐にきのこそぼろあんをかけるレシピです。湯豆腐のような感覚で食べてもらえるので、子どもでも食べやすいです。

パパッと作れてとても手軽ですが、豆腐の形そのままのレシピなので、豆腐が好きな幼児におすすめですよ!

【材料】(1人分)
鶏挽き肉 50g
えのき 1/3株(石づきを取り、3等分に切る)
豆腐 半丁程度
水 100ml
和風だし 小さじ1
醤油 大さじ1/2
砂糖 小さじ1
水溶き片栗粉 大さじ1
ごま油 大さじ1/2

【作り方】

1.フライパンにごま油を入れ、鶏挽き肉を加えて炒めていく。

2.挽き肉に火が通ったら水と食べやすく切ったえのきを加えて煮ていく。

3.(2)に和風だしや調味料も加える。

4.えのきがしんなりとしたら、水溶き片栗粉を加えてサッと煮てとろみがついたらOK。

5.耐熱皿に豆腐を入れてラップをかぶせたら電子レンジ(600W)で2分ほど加熱し、出てきた余分な水分を捨てる。

6.あんをかけたら完成。

やさしい和風の味付けがおいしいそぼろあんかけ豆腐が出来上がります。とろみがついているので、幼児でも食べやすいですよ!

茶碗蒸しを食べるようなイメージで、あんと一緒につるんと食べてもらえます。暑くなってきて食欲が落ちている時にもおすすめです。

豆腐に含まれている栄養は?

豆腐には良質なたんぱく質と脂質が含まれています。そしてそれだけでなく機能性成分と呼ばれる身体を整える栄養素が豊富にあるのです。豆腐に含まれる成分で、身体にいい影響が期待できると言われているものを挙げていきます。

・血圧やコレステロールを下げる
・脂肪肝の改善
・脳の老化やぼけの予防
・成人病の予防
・骨粗鬆症、がん、動脈硬化の予防
・糖尿病の予防
・腸内の善玉菌を増やす
・骨や歯を丈夫にする

ザッとまとめただけで、こんなにも身体にいいとされる効果が期待できるのです。それだけでなく、豆腐は消化がいい食べ物なので胃腸にもやさしいんですよ!

ただのかさ増し食材とはもう呼べないですね。

豆腐を使ってかさ増し&栄養価をアップさせるレシピを3つご紹介しました。豆腐は機能性食品と言われるほど栄養価がたっぷりと含まれているので、成長を助けるためにも積極的に幼児に摂ってもらいたい食品です。

お値段もお手頃なので、ぜひ料理にお豆腐を取り入れて、食べさせてあげてくださいね!