ダイエット本を皆さんも一度は買ったことがあるのではないでしょうか? たくさんの種類があるのでどれがいいのか迷いますよね。ネット通販のレビューを参考にする方もいるでしょう。今回は数あるダイエット本の中から、管理栄養士である私が本当におすすめしたい本をご紹介します。

カロリーを制する者は、ダイエットも制する

ダイエットで皆さんが特に苦手としているのが、カロリー計算。厳密なカロリー計算は特定の病気でカロリー制限がある方以外、長続きがしにくいのでおすすめできません。しかし、ある程度、基本的なカロリーを知っているかいないかでは、ダイエットの結果は大きく変わってきます。

そこで私がおすすめしたいのはこちらの本です。

「エネルギー早わかり―いつも食べる量のエネルギーがひと目でわかる (FOOD&COOKING DATA)」(女子栄養大学出版部)

↑こちらは学生時代から使用しているため旧版のものです(最新は第4版)

食品の写真にカロリー表示というシンプルな本ではあるのですが、普段食べているものは案外単純なものばかりなのでとても参考になります。私の栄養相談でも必ずこの本を一緒に見て普段食べているもののカロリーを確認させていただいています。

「どら焼きってこんなにカロリーがあるのね!」

「お酒もやっぱりカロリーがあるのか」

皆さん食い入るように見ています。この本の名前、出版社名をメモして帰っていく方も少なくありません。

自身の心を制する者がダイエットを制する

ダイエットの方法を知らない方はほとんどいませんよね。「食べ過ぎない、続けていくこと」そんなことはみんな知っているはずです。食欲がコントロールできて、それが継続できないから皆さん悩んでいるんですよね。

そこでオススメしたい本がこちらです。

「ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法」メンタリストDaiGo著(マガジンハウス)

ダイエットを心理的な面で捉えています。実はダイエットには心理的アプローチはとても有効的です。筆者自身もダイエットの経験者というところに説得力があります。

「たべぷろ」でも太りにくい食べ方が見つかる

本以外の情報源にインターネットもあります。ただ、インターネットはさまざまな情報が飛び交っていますので、信頼できるサイトをオススメします。そういう意味でも、私の記事も掲載されている本サイト「たべぷろ」は、ダイエットや栄養について参考になる情報も満載です。

ダイエットに関する記事はこちら

こんな食べ方してみようかなとワクワクする記事もいっぱい! 「たべぷろ」は70年余りの歴史をもつ日本食糧新聞社が運営しています。