愛知在住フードライターの瀬山野まりです。電子レンジでチンするだけでおいしいじゃがいもは安くて扱いやすく、簡単レシピから凝った料理まで、コロッケやグラタン、サラダなどさまざまな料理が数多くあります。主菜やおやつ、お弁当のおかずにも使えるじゃがいものレシピの中から、おすすめの簡単レシピを3つご紹介します。

じゃがいもとキャベツの塩昆布炒め

塩昆布の甘さと塩加減が絶妙! キャベツで野菜もプラスできるのが嬉しい簡単レシピです。常備菜にもおすすめです。

【材料】(2人分)
じゃがいも(小) 1個
キャベツ 1枚
塩昆布 大さじ約1/2
ごま油 適量

【作り方】
1.じゃがいもは皮を剥いていちょう切りにし、キャベツはざく切りにする。

2.フライパンにごま油を入れて加熱する。

3.(2)にじゃがいもを入れ、火がある程度通ったらキャベツを投入する。

4.じゃがいもとキャベツに火が通ったら塩昆布を加えて完成。

<ポイント>
じゃがいもはレンジで加熱しておくと時間短縮になります。塩昆布の量はお好みで調整してください。キャベツの他、しめじやマッシュルームなどのきのこ類を加えても相性が良いです。人参やズッキーニなどもよく合います。

じゃがいもとくるみとベーコンのチーズ焼き

手軽にできるカップメニューです。くるみの香ばしさとじゃがいもの素朴な風味がくせになる、お弁当にぴったりの簡単レシピです。

【材料】(8号のアルミカップ4個分)
じゃがいも(小) 1個
ブロックベーコン 2cm
とろけるチーズ 1枚
くるみ 5個程度
オリーブオイル 適量
塩 適量

【作り方】
1.じゃがいもは皮を剥いて一口サイズにカット、ブロックベーコンは賽の目切りして、くるみは荒く砕く。

2.オリーブオイルを入れ加熱したフライパンに、じゃがいも、ベーコンを入れて炒めながら、塩で味を調整する。

3.じゃがいもとベーコンにある程度火が通ったらくるみを加えてさらに炒める。

4.アルミカップに(4)を分け入れ、チーズを千切って混ぜてオーブントースターで焼く。

5.チーズが溶けたら完成。

<ポイント>
こちらもじゃがいもは事前にレンジで加熱しておくと、時間短縮になります。カップはかならず、アルミカップなどのオーブントースターで使用可能なものにしてください。レンジ可能とされているものは、オーブントースターでは使用不可能の場合も多いです。

くるみは他のナッツでも構いません。アーモンドやカシューナッツなど、それぞれ風味が異なります。

ほっとするやさしい甘さのいももち

お餅よりもヘルシーなもちもち食感の和風のおやつです。

【材料】(2人分)
じゃがいも(小) 2個
片栗粉 大さじ1
サラダ油 適量

[餡]
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
みりん 小さじ1
片栗粉 小さじ1
水 大さじ4

【作り方】
1.じゃがいもは皮を剥いて電子レンジで5分加熱した後、裏ごしかマッシュする。
2.(1)をある程度混ぜたら、片栗粉を入れてよく練る。
3.(2)を筒状に成形したあと、輪切りにし、サラダ油を引いたフライパンで焼く。

厚さは1cm程度。

焼き加減はお好みで。

4.餡の材料を小鍋に入れて弱火にかけて餡を作る。
5.皿に盛った(3)に(4)の餡を掛けて完成。

<ポイント>
ちょっとじゃがいもの食感を残したい場合はマッシュにし、よりなめらかに仕上げたい場合は裏ごししてください。しっかり練ることで粘りともちもち感がアップします。

バナナと一緒につぶすとより甘いスイーツとなり、チョコレートソースなどでもよく合います。中にナッツを混ぜるのもおすすめです。

じゃがいもの栄養

じゃがいもは、素朴で淡泊な味わいですが、栄養もありつつ低カロリーという嬉しい食材です。カリウムやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、食物繊維などを豊富に含みます。じゃがいもの主成分はでんぷんですが、そのでんぷんによってビタミンが守られることで、加熱の損失が少ない点も特徴の一つです。

じゃがいもの素朴な味わいはあらゆる食材と相性が良く、料理は、和洋中、主菜副菜デザートなど多種多様に広がります。合わないかも、と思うような食材がじゃがいもなら合ってしまうことも。どうしようか迷っている食材があったら一度じゃがいもと合わせてみてはいかがでしょうか。