こんにちは。仙台在住の料理家sato aiです。今回は、子どもも大人も大好きな、じゃがいもを大量消費するレシピをご紹介します。火入れに時間がかかるイメージのじゃがいもですが、時短調理をすることでどのレシピも15分以内で完成しますよ。
日持ちがして常備菜にもオススメなきんぴらや、ホクホクじゃがバター醤油、サックサクに仕上がるのり塩ポテトは、我が家の子供達もパクパク手が止まらないオススメメニューです。

鶏むね肉とじゃがいものチーズタッカルビ風!とろけるチーズと相性抜群

材料は味付けした鶏むね肉と、じゃがいも、玉葱、チーズだけ。食材を少なくすることで、下ごしらえが時短になります。タレの味も辛すぎない仕上がりなので、お子さまでも美味しく食べられます。

【材料】(4人分)
鶏むね肉 1枚
玉葱 1/2個
じゃがいも 2個

A 醤油 大さじ1
A 酒 大さじ1
A 砂糖 小さじ2
A コチュジャン 大さじ2
A 塩胡椒 適宜
A すりおろしにんにく 小さじ1/2
A すりおろし生姜 小さじ1/2

ピザ用チーズ 適宜

【作り方】
1.じゃがいもと玉葱は、皮を剥いて、食べやすい大きさに1cm厚さで切る。じゃがいもは、耐熱容器に入れて、レンジ(600Wで3分)にかける。

2.鶏むね肉は一口大にそぎ切りにして、玉葱とともにAの調味料で混ぜて下味をつける。

※この状態で冷蔵、冷凍保存をしても大丈夫です。

3.温めたフライパンに漬け汁ごと全て入れて加熱する。

4.鶏肉の表面が白っぽくなってきたら、(1)のじゃがいもを入れて混ぜる。

5.じゃがいもが柔らかくなったら、耐熱容器に入れてピザ用チーズをふりかける。トースターで表面を焼きあげて完成。

じゃがいもカレーきんぴら!常備菜にもオススメ

カレー味のきんぴらは、味持ちも良く常備菜やお弁当のおかずにもオススメです。冷蔵保存で3〜4日ほど日持ちするので、じゃがいもの大量消費にはもってこいです。

【材料】(4人分)
じゃがいも 2個
板こんにゃく 0.5枚
人参 1/2本
ごま油 小さじ1

A めんつゆ 大さじ1
A カレー粉 小さじ1
A 白いりごま 大さじ1

【作り方】
1. じゃがいも・人参・板こんにゃくはサイズをそろえて千切りにする。

フライパンにごま油をひいて、(1)の食材を炒める。

2. じゃがいもがしんなりしてきたら、Aの食材を入れて味を整え、完成。

ホクホクじゃがいものバター醤油

ホクホクの粉ふき芋にコクのあるバター醤油の味をつけたおかずレシピです。じゃがいもを大量消費でき、残ったらコロッケや、ポテトサラダへのアレンジも可能です。

【材料】(4人分)
じゃがいも 小10個ほど

A バター 5g
A 醤油 小さじ2
A 塩 少々

【作り方】
1. じゃがいもは皮をむいて大きさを揃えるように一口大に切る。水にさらしてアク抜きをしたら、鍋に水とともに入れて茹でる。

2. じゃがいもに串が刺さるくらいの柔らかさになったら、水分を流して再び鍋を火にかける。Aの調味料で味を整えて完成。

※しっかり水分をとばすことで、ホクホクの食感に仕上がります。

じゃがいもたっぷり米粉のニラチヂミ

米粉で作ったニラがたっぷり入ったチヂミです。じゃがいもを入れることでもっちりサクッとした食感が加わります。

【材料】(4人分)
じゃがいも 100g

A 米粉 100g
A 干しエビ 大さじ1
A 卵 1個
A 塩 少々
A 豆乳 100cc

ニラ 0.5束
玉葱 0.5個
ごま油 適宜
黒酢 お好み

【作り方】
1.玉葱・ニラはサイズをそろえて細かく切る。

2.ボウルにすりおろしたじゃがいもと、Aの食材を入れてよく混ぜる。

3. フライパンにごま油をひき、よく混ぜた生地を一気に流し込んで焼く。

※全体を広げて薄く焼くようにするとサックリ仕上がります。

4. 両面きつね色に焼けたら、食べやすい大きさに切る。

お好みで黒酢をつけて完成です。

サクサクのり塩フライドポテト

サックサクの食感がクセになる、のり塩味のフライドポテトです。コツをおさえれば簡単に本格的なフライドポテトがご家庭でも作れます。ついついたくさん食べてしまう、簡単じゃがいも大量消費メニューです。

【材料】(4人分)
じゃがいも 2個
片栗粉 大さじ2程
塩 少々
青のり 適宜
サラダ油 大さじ3〜5

【作り方】
1. じゃがいもは皮をむいて棒状に切る。耐熱容器に入れて、じゃがいもをレンジ(600W)で3分加熱する。

2. 加熱したじゃがいもをボウルに入れて、片栗粉をまぶします。

※ボウルで混ぜる際は、じゃがいもを潰さないように気をつけながら混ぜましょう。

3. フライパンにサラダ油を入れて(2)のじゃがいもを入れる。表面にこんがり焼き色がついてきたら取り出して余分な油をきる。

4. ボウルに入れて、塩と青のりで味を整えて、完成。

電子レンジで下処理をすると時短に

芋類などのじゃがいもは、加熱時間が長くかかる野菜なので直接鍋に入れずに、いったんレンジで加熱したものを炒めたり、煮たりすることで調理時間を短くできます。我が家では、芋類の下処理時には、ダイソーの電子レンジ調理器が活躍しています。

【ダイソー】100円レンジ調理器で野菜の下ごしらえが時短!ワーママお助け10分レシピ

大きめに切ったじゃがいもも、数分レンジ加熱することで炒め時間をグンと短縮できます。子供に大人気のフライドポテトや、ポテトサラダの下処理にも活躍します。

じゃがいもはすりおろして使えばモチモチ食感に

じゃがいもは、カット方法や加熱方法によって、仕上がりの食感が大きく変わってきます。油で揚げるとカリカリの食感、茹でて調理をするとホクホクの食感になります。

じゃがいもの大量消費にオススメなのが、すりおろして調理をすることです。今回ご紹介したチヂミ以外にも、ホットケーキ、お好み焼きなど粉物と合わせれば、モチモチの食感に仕上がります。お腹持ちも良くなるので、お料理のボリュームアップにもなりますよ。

調理法によってさまざまな食感が楽しめるじゃがいもを、大量消費したい際にはぜひ今回のレシピを参考になさってください。