富山在住、子どもとクッキングママのsanaです。働いて帰ってきた後、一から夕飯を作るのは大変です。そこで便利なのがジッパー付き保存袋にあらかじめ切った食材を冷凍しておくこと。ジッパー付き保存袋に肉や野菜などを入れて(味付けをする場合も)冷凍しておくと、食べたいときに解凍して調理できるのですぐに仕上がります。
今回は牛丼、鶏の照り焼き、豚のみそ炒め、唐揚げなど1週間分のレシピを紹介します。

もうメニューに悩まない♪30分で1週間分の準備完了

働いて帰ってきてから「今日の夕飯何にしよう?」と考えるのはけっこう大変ですよね。メニューを決めてから買い物に行って、包丁でお肉や魚を切って味付けして…。頭をフルに回転させることになるので、余裕のないときはグッタリしてしまいます。私もこの「今日の夕飯何にしよう?」と考えるのが苦痛なときがあり、ついついスーパーでお惣菜を買うこともあります。

働くママは、家に帰ったら夕飯の準備以外にもやることが山盛りなんですよね! そこで少しでもラクにするために考えたのが、ジッパー付き保存袋を使って食材を冷凍する方法です。

上の写真は、お肉やお魚や野菜などを切って味をつけて冷凍したものです。今回は1週間分(7種類)作ってみました。この1週間分の材料を保存袋に入れるまでにかかった時間は30分ほどです。

実際、1週間この方法で夕飯を作ってみましたが…本当にラクでした♪ 食べたいメニューを当日冷凍庫から冷蔵庫に出しておいて解凍させたら、後は焼いたり煮るだけなんです。

メニューが決まっているので「夕飯何にしよう?」と考えることもありません!
家に帰る足取りもルンルンと軽かったです。ポイントは、使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、忘れずに解凍しておくこと!

【1日目】豚肉がしっとりやわらか!豚と大根の味噌焼き

【材料】(2人分)
豚肉 200g
味噌 大さじ2
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ2
酒 大さじ2
大根 100g(半月切り)
塩コショウ 少々

【作り方】
1.材料すべてをジッパー付き保存袋に入れて揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2.解凍し、(1)をフライパンで焼く。

3.器に盛り付けて完成。

大根は一度冷凍すると味の染みこみが早くなります。味噌味が豚肉と大根にしっかりとついておいしいです♪ ご飯が進む味付けですよ~。

【2日目】大人も子どもも大好き!ボリューム牛丼

【材料】(2人分)
★牛肉 200g
★玉ねぎ 1個(スライス)
★めんつゆ 大さじ4
★砂糖 大さじ1
★酒 大さじ3
★みりん 大さじ2
★水 50ml
ご飯 2人分
紅ショウガ 適量

【作り方】
1.★の材料すべてをジッパー付き保存袋に入れて揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2.解凍し、フライパンで煮込む。

3.どんぶりにご飯を盛り、(2)を乗せて紅ショウガをトッピングしたら完成。好みで溶き卵やマヨネーズなどを付けてもおいしいですよ♪

【3日目】野菜たっぷり♪手羽元のトマト煮込み

【材料】(2人分)
手羽元 6本
ピーマン 1個
キャベツ 2枚
ミートソース缶 1個
醤油 大さじ1
水 50ml
塩コショウ 少々

【作り方】
1.ピーマンとキャベツは食べやすい大きさに切る。ジッパー付き保存袋に材料すべてを入れて手で揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2. 解凍後、鍋で煮込んで完成。

トマト缶でなくミートソース缶を使うことにより簡単に味が決まります! ほんのり甘い味付けなので、子どもにも食べやすい味に仕上がりました。手羽元の油やコクがじっくりとスープに溶け込んでおいしいです♪

【4日目】ホクホクおいしい♪タラのバジルオイル付け

【材料】(2人分)
タラ 2匹
スナップエンドウ 10個(筋をとる)
ニンジン 1/4本(乱切り)
玉ねぎ 1/2個
オリーブオイル 大さじ4
乾燥バジル 小さじ1/2
塩コショウ 少々

【作り方】
1.材料すべてをジッパー付き保存袋に入れて揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2.解凍後、フライパンで焼いて完成。

ホクホクに仕上がったタラがおいしいです。バジルは娘が通っている幼稚園の給食でもたまに調味料に使われているので、子どもにも食べやすいハーブですよ。お好みでバジルをパセリやローズマリーに変えてもおいしいです♪

【5日目】中まで味がしっかり!お弁当にもおすすめなクリスピー唐揚げ

【材料】(2~3人分)
★鶏もも肉(鶏むね肉でも)2枚(一口大に切る)
★醤油 大さじ2
★酒 大さじ3
★すりおろしショウガ、ニンニク 各小さじ1
★塩コショウ 少々
片栗粉 大さじ5
揚げ油 適量

【作り方】
1.ジッパー付き保存袋に★を入れて揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2.解凍後、片栗粉を表面にまぶしてから熱した油で揚げる。片栗粉もジッパー付き保存袋の中に入れてまぶすと洗い物が減って楽ちんです♪

3.油を切ったら完成。

カリッとクリスピーな唐揚げができます。冷凍庫で保存することによって中までしっかりと味が染みこみますよ! 余ったらお弁当のおかずにもおすすめです。

【6日目】ゴマ香る!豚とネギの中華炒め

【材料】(2人分)
豚こま肉 200g
ネギ 1/2本(斜めに切る)
ごま油 大さじ1
塩コショウ 少々
中華スープの素 小さじ1

【作り方】
1.ジッパー付き保存袋に材料すべてを入れて揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2.解凍後、フライパンで焼いて完成。

ごま油がいい仕事をしています! ここに中華麺を入れて炒めると、塩焼きそばになりますよ♪ 中華麺があったら試してみてください。

【7日目】甘辛いたれがトロリ♪鶏の照り焼き

【材料】(2人分)
★鶏もも肉(鶏むね肉でも)1枚(一口大に切る)
★醤油 大さじ2
★砂糖 大さじ2
★みりん 大さじ2
★酒 大さじ3
★水 大さじ3
★塩コショウ 少々
水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水大さじ2

【作り方】
1.ジッパー付き保存袋に★を入れて揉みこむ。揉みこんだら冷凍庫で保存する。

<ポイント>
使う当日の朝、冷凍室から冷蔵室に移し、解凍しておく。

2.解凍後、フライパンで焼く。仕上げに水溶き片栗粉を加える。とろみがついたら完成。

とろっとしたソースが鶏肉によく絡んでおいしいです♪ ご飯にもよく合いますし、パンにはさんで食べてもおいしいんです!

働くママが1週間、ラクラク気分で夕飯を作れますように!

いかがでしたでしょうか? 今回のジッパー付き保存袋の冷凍法を使えば、仕事から帰ってきても焼いたり煮たりするだけで簡単に夕飯ができるんです♪

調味料を量ったり材料を切ったりする手間がないので助かっちゃいますよ。いろいろなアレンジもできるのでぜひ試してみてくださいね。