こんにちは。仙台市在住の料理家sato aiです。いわしなどを使った青魚のお料理は、お子様にも美味しくたくさん食べてもらいたいメニューのひとつですよね。最近では鯖缶を使ったレシピが人気でしたが、いわし缶を使ってもさまざまな夜ごはんにオススメの、時短レシピを作ることができます。今回ご紹介するいわしのつみれ汁は、いわし缶を使って15分で完成するワーママお助けメニューです。

フワフワいわしのつみれ汁

いわしを豆腐と合わせることで、ふわふわの食感に仕上がりますよ。いわしの旨味がたっぷり詰まった、具沢山のつみれ汁です。

【材料】(4人分)
いわしの醤油煮の缶詰 1缶
木綿豆腐 80g
片栗粉 大さじ1
白菜 3枚
こんにゃく 0.5枚
大根 5cm
人参 1/2本
生姜 1片
水 1000ml
味噌 大さじ2ほど
青ネギ お好みの量

【作り方】
1.白菜はざく切り、人参と大根はいちょう切りにします。こんにゃくはスプーンなどでちぎります。

2.木綿豆腐は、キッチンぺーパーで包んで、500Wのレンジで1分加熱して水切りをし、フォークでつぶします。ボウルにいわし缶と一緒に入れます。
※いわし缶の煮汁は後ほど使用するので取っておきましょう。

3.いわしの身も、フォークでつぶしてしっかり混ぜ合わせます。片栗粉を入れてよく混ぜます。

4.鍋に水と(1)の野菜・いわし缶の煮汁・すりおろした生姜を入れて火にかけます。沸騰してきたら、つみれを食べやすい大きさにスプーンですくうか、手で丸めながら入れます。

※つみれは崩れやすいので、表面に火が入るまでは、触らないように気をつけましょう。

5.野菜が柔らかくなるまで煮込んだら、味噌を溶かし入れます。器に盛り付けて、刻んだ青ネギをお好みで飾って完成です。

いわし缶を使えば味付けが時短に!

今回使用した市販食品は、いわしの醤油煮缶です。魚の缶詰といえば、最近では鯖缶が人気ですが、いわし缶も同じように調理して使うことができますよ。

「旬いわしの醤油煮(鹿児島の黒酢仕立て)」150g、150円(税込)

いわしの缶詰は、水煮缶、味噌煮缶、オイルサーディン、醤油煮缶などの種類の販売があります。今回のレシピでは、醤油煮缶を使うことで、つみれにした後の味付けが不要になるので、かなりの時短になります。

缶詰になっていることで、いわしの小骨を気にすることなく調理できるのも嬉しいポイントですね。

【働くママへのエール】便利な缶詰をストック!

鯖缶やいわし缶などの缶詰メニューは、我が家の食卓でも度々登場します。「今日は、お肉もお魚も冷蔵庫にない!」という時のお助け食材でもあるので、常に5個ほど、味付けや食材の違うものをストックしています。

お財布にも優しいいわしは、生でも調理しますが、小骨が子供には気になるようで、しっかり包丁でミンチにしないと食べてくれません。魚をさばいて、骨を取って、ミンチにするなんて、平日の夜ごはんではなかなかできないのが現実です。

美味しく魚を食べてもらいたいという思いから、骨まで柔らかくなっている缶詰を使用したところ、喜んで子供達も完食してくれました。

缶詰の旨味もたっぷり入ったイワシのつみれ汁、ぜひ働くママの夜ごはん作りの時短料理のアイディアにご活用ください。

(料理家・料理教室講師 sato ai @ai_satosato