毎日のママ業、お疲れ様です。働くママにとって、大人の食事とは別に用意しなければいけない赤ちゃん用の夜ごはんの準備は、本当に大変なことでしょう。今回は、ベビーフードのコーンを活用した、15分で作れる「コーンマカロニグラタン」を紹介していきます。少し多めに作って、あまった分を翌日にごはんを加えてワンプレートメニューの「ドリア」にすると美味しいです。

コーンマカロニグラタン

野菜類とマカロニを茹でたところに、コーンを加えるだけで「コーンマカロニグラタン」が完成します。

離乳食の初期・中期ぐらいまでは素材本来の味を大切にするということで、コーンの甘みだけで十分に食べることができます。離乳食後期ごろからは、同じくベビーフードのホワイトソースを加えることで、味がしっかりとしてくるのでさらに美味しくなります。

【材料】(2~3食分)
マカロニ(乾) 大さじ3
トマト 1個
ほうれん草 葉先3枚
水 1カップ
コーン 1瓶
ホワイトソース 大さじ1

【作り方】
1.トマトは湯剥きをして、ほうれん草は下茹でをしてから、それぞれの月齢に合った食べやすい大きさに切っておく。

2.鍋に湯を沸かして、マカロニを表示時間通りに茹でていく。

3.マカロニの茹で上がり時間の3分前になったら、(1)で用意しておいたトマトとほうれん草を加える。ホワイトソースが必要な場合は、ここで入れて混ぜ合わせるとよい。

4.火をとめて、コーンを入れて混ぜ合わせたら完成。

ベビーフードを活用して時短

ベビーフードのコーンの瓶詰めは、とうもろこしの皮を剥き裏ごしされた状態で売られています。調理の際にこの過程を省けるだけで、とても楽になり大幅に時短につながります。

もちろんコーンの瓶詰めはそのままでも食べることができて美味しいですが、それではちょっとした副菜程度にしかなりません。

そこで野菜類やマカロニと合わせることで、一気にメインの「コーンマカロニグラタン」を作ることができます。必要に応じて、同じくベビーフードのホワイトソースを活用してみてください。

「北海道産コーン」キユーピー(70g、130円税抜き)「ホワイトソース徳用」和光堂(56g、305円税込)

【働くママへのエール】手作り時短離乳食で赤ちゃんもママも大満足

かわいい赤ちゃんのために、離乳食は毎日手作りで!と思うママは多いことでしょう。しかし現実は、仕事と家事に追われてなかなか思い通りにいかないということもあるはずです。

そんな時には、少しだけベビーフードに協力してもらいましょう。ベビーフードを上手に活用しながら離乳食を作ることで、ママの離乳食に対する思いが満たされ、それと同時に赤ちゃんへの愛情もきっと伝わることでしょう。

毎日頑張っているママのことを、赤ちゃんはきちんと分かっています。頑張りすぎず、大らかな気持ちで離乳食作りを楽しんでいけるとよいでしょう。

(管理栄養士 戸田綾子 ayachin0426