こんにちは!偏食児を持つ食育インストラクターのひなた葵です。今回は時短で簡単に作れる煮卵レシピをお伝えしていきます。
とろーりととろける煮卵っておいしいですよね。ラーメンにのせたり、丼ものにのせたりと大活躍する煮卵ですが、作るのは液に何時間も漬け込んだりと時間がかかってしまうイメージです。でも今回のレシピなら「煮卵を今すぐ食べたい!」をかなえちゃう。煮卵が余った場合のアレンジ案もおまけでご紹介しちゃいます♪

とろーりとろける煮卵の簡単レシピ

さて、まずは簡単に煮卵を作る方法を見ていきましょう!

なんとわずか10分~15分程で煮卵を漬け込むことができちゃいます。その秘密はレンジでパパッと漬け込む液を作ることです。これから詳しく紹介していきますね。

【材料】(3人分)
卵 3個

(浸ける液)
・醤油 100cc
・みりん 50cc
・酒 50cc

【作り方】

1.卵を沸騰したお湯で8分ほど茹でる。

2.茹であがった卵は熱いうちに殻を剥く。

3.卵を浸ける液を全て混ぜ合わせる。

4.ふんわりとラップをかぶせたら500wでレンジで1分ほど加熱する。

※みりんやお酒のアルコール成分が残っているといけないので、沸騰しているかどうか確認してください

5.卵を液に浸けたら5分ほどでひっくり返す。

6.ひっくり返してまた5分液に漬け込んだら完成。

液がしっかりとした味付けなので10分ほどでもしっかりと味が浸み込んでいきますよ!

卵を茹でるのを早めにやめているので、中からとろーりと半熟卵が出てきて、とても美味しいです。

このレシピの配分だとちょっぴり辛めの味付けです。甘さが足りないなと感じた場合はみりんの量を増やすとまろやかな口当たりになります。

すぐ煮卵が食べたい!という時の時短レシピとして是非活用してみてくださいね。

とろとろ煮卵のチーズ焼きのレシピ

続いて、煮卵が余った場合のアレンジレシピ案を紹介していきます。

まずは、煮卵にチーズをのせてトースターで焼くチーズ焼きの作り方です。煮卵の上からとろーりととろけるチーズがかかっていて洋風の味わいを楽しめます。

【材料】(2人分)
煮卵 1個
マヨネーズ 適量
ピザ用チーズ 適量

【作り方】
1.煮卵を半分に切る。

2.卵の上にマヨネーズをかけ、さらにその上からチーズをのせる。

3.トースターに入れてチーズがとろけるまで加熱したら完成。

好みでパセリやバジルを振りかけても美味しいです。

醤油ベースの和風の味付けの煮卵ですが、チーズとの相性は抜群です。マヨネーズとチーズが卵の上でとろけて、口当たりもとてもまろやかです。

コクがあるので食べ応えもあり、おかずがない!という時の助けとなります。チーズ風味は子どもも好きですし、濃厚な味わいなのでおつまみとしても出せそうです。

豪快ぱくり!煮卵おにぎりのレシピ

最後に煮卵をおにぎりの中に丸ごと入れて包み込んでしまう豪快なおにぎりを紹介します。インパクトも充分で、食べ応えも抜群のこの煮卵おにぎり。お弁当のおかずにもぴったりですし、お夜食にもいいですよ!

煮卵おにぎりを真ん中で切ってパカッと割った姿はSNS映えもしますよ♪

【材料】(1個分)
煮卵 1個
炊いた米 茶碗に1杯
すりごま 大さじ2分の1
のり 1枚
煮卵の汁 大さじ1杯

【作り方】
1.茶碗に1杯分のご飯に煮卵の汁とすりごまを入れて混ぜる。

2.お米をラップの上に平たく伸ばし、真ん中に煮卵をのせる。

3.煮卵が中央にくるようにそっと包みながら米を握る。

4.米が握れたらのりを一周ぐるりと巻いていく。

5.のりがしっとりとしてきたらおにぎりを真ん中から2つに切って完成。

パカッと開くと中から煮卵が登場して見た目もインパクトがありユニークです。お米に煮卵の汁とすりごまを混ぜているため、味もしっかりとしていてお腹も満足の一品です。

すりごまが香ばしくて、風味も増し、コクがあって美味しいですよ。ぜひ豪快にパクッと食べてみてください。

まとめ

レンジを活用して時短で手軽に作れる煮卵の作り方を紹介いたしました。通常、煮卵を作る場合は、何時間も漬け込まないと味が染みていきませんが、濃厚な出汁に漬け込むことによってわずか10~15分程度で味シミばっちりの煮卵を仕上げることができます。出汁作りはレンジで行うので手間もなく簡単で便利です。

そして、作った煮卵が余ってしまった場合の活用術もあわせて紹介いたしました。特に煮卵おにぎりは是非作ってみて頂きたいです。

とろーりととろける煮卵を是非味わってみてくださいね♪