偏食児持ちの食育インストラクターのひなた葵です。寒くなってきたこの季節、温まって栄養も摂れちゃう豚汁っていいですよね。我が家でも冬場はよく食卓に登場するメニューです。
でも、ついつい作り過ぎて余ってしまうことってありませんか? そんな時に活用できる、豚汁をカレーやうどんへとリメイクさせるレシピを紹介していきます!

豚汁をうどんへとリメイクさせよう!

では早速、豚汁をうどんにリメイクさせるレシピを紹介していきます。その前に豚汁の作り方もササッと復習しましょう。

豚汁に入れる具は、お好みの野菜でもちろんOKなのですが、時間がない時は市販の「豚汁の具」がおすすめです。すでに水煮されているものが多いので、野菜が柔らかくなるまで煮込む必要がなく、短時間でパパッと作れるので忙しい時にもぴったりです!

私は市販の豚汁の具に、白菜とえのきを加え入れました。もちろん豚肉も忘れずに♪ お好みの野菜や、冷蔵庫にある余り野菜など何でも入れてしまいましょう。栄養価がアップします!

このように豚汁が完成しました。
さて、今回必要となるのはこの後です。残った豚汁を利用してうどんへとリメイクしちゃいましょう!

豚汁リメイクうどん

【材料】(1人分)
豚汁 茶碗1杯分
うどん 1玉
(もし、豚汁の量が少なければ)
水 適量
醤油 少々

【作り方】
1.豚汁の残りを温め、沸騰したらうどんを入れる。

2.箸でほぐし、豚汁に絡ませていく。

3.しっかりとうどんに豚汁が絡み、味が浸み込んだら完成。

たったこれだけのステップでOKです。味は具たくさんうどんといった感じで、感覚的には「けんちんうどん」のようなイメージでしょうか。具にも味が十分浸み込んでいるのでおいしく食べることができますよ!

味噌汁の中にお肉や野菜の栄養がしっかりと出ているので、余すことなく汁まで召し上がってください。ぽっかぽかにカラダが温まるので、寒い日のパパッとご飯やお夜食などにもおすすめです。

豚汁リメイクカレーを作ろう!

続いて、残った豚汁を使ってカレーへとリメイクさせちゃいましょう!

豚汁うどんまでは想像がついたけど、カレーはどうなの?! と思うかもしれません。でも、これが意外と合うんですよ。

まずは頭の中の豚汁とカレーへのイメージをいったんフラットにして味わっていただきたいメニューです。ではいきましょう!

豚汁リメイクカレーのレシピ

【材料】(1人分)
豚汁 茶碗1杯分
市販のカレールー 1片

1.豚汁の残りを温める。

2.沸騰したら好みの辛さのカレーのルーを1片入れる。

3.ルーが完全に溶けたら、とろみが出るまで煮込んで完成。

カレーライスのようにごはんにかけてもおいしいですし、うどんがあればカレーうどんのようにするのもおすすめです。

カレーうどんにする場合は、豚汁うどんと同じように麺を入れて味が浸み込むまで煮ていきましょう。

豚汁カレーうどんとして仕上げたもの

味は、豚汁の元々の味噌感は意外なほどありません。例えるならば、スープカレーのようなお味でしょうか。カレーよりくどくなくあっさりとサラッとしていて、食べやすいです。カレーのスパイシーな風味はしっかりあるので、箸が進みますよ!

なぜスープカレーのように感じるのかというと、スープカレーは和出汁ベースで作られることが多いそうなので、それで出汁を取って煮込む豚汁の味が似ているのかもしれません。そういったこともあり、豚汁とカレーって意外なほど実は相性がいいんです。ちょっとした発見! と思えるくらいのおいしさです。

まとめ

豚汁を使用して簡単に作れるカレーやうどんへのリメイク術をお伝えしてきました。これを知っていると豚汁のバリエーションも広がりますし、作り過ぎてしまった時のマンネリ防止にもなります。

寒い季節だからこそ、豚汁リメイクレシピで温まってみてはいかがでしょうか?