はじめまして!フードライターの如月柊です。子供の食事はできれば手作りで食べさせたい。だけど、働くママとしては、毎日の食事のことばかり考えていられない。そんな仕事に子育てにと忙しいママの味方になるレシピを紹介していきます。今回は、どこの家の冷蔵庫にもたいていある納豆を使った10分でできる納豆パスタを紹介します。

納豆は毎日でもとりたい食材!積極的に食卓に登場させましょう

納豆といえば、朝の定番食材ですね。ほとんどの家庭には納豆パックが冷蔵庫にあるんじゃないでしょうか?

納豆は発酵食品なので、健康のためにも毎日積極的に取りたい食材でもあります。今回紹介する納豆パスタは納豆が主役になるメニューです。つるつると食感もいいので、食の細い子供にも人気です。

納豆は安いところも魅力的ですね。

簡単納豆パスタの作り方

【材料】(2人分)
パスタ 2束
納豆 2パック
ハム 2パック
のり(韓国のりを推奨) 1パック
醤油 大さじ1

【作り方】
1.パスタを茹でます。鍋いっぱいの水を火にかけ、沸騰したらパスタを入れます。時短のためにはパスタは半分に割って入れると早く仕上がります。

2.ハムは短冊切りにし、のりは小さく手でちぎっておきます。

3.納豆は醤油を混ぜ合わせます。納豆に小さなたれがついていたらそれも一緒に混ぜ合わせます。

4.茹で上がったパスタを湯切りして、(3)をのせ、その上に(4)をのせます。

時短メニューは加工食品を上手に使うことがカギ

毎日の食事を時短メニューで乗り切りたいときは、加工食品を上手に使うことがカギです。加熱する、茹でる、揚げるという行為は意外と時間がかかります。また、調理器具のかたづけも増えてしまう傾向があります。

「どうしても時間がない」なんて時には、もう完成している加工品を上手に使うのが手早く作れるコツです。

今回は納豆、ハム、のりを使いましたが、納豆もハムものりも混ぜたり切ったりするだけで使えます。納豆パスタをメインにサラダをつければたんぱく質だけでなく、食物繊維も十分とれて、栄養バランスもよいメニューになりますね。

その時間もないというときには、納豆パスタの中にミニトマトを入れたり、冷凍ブロッコリーを入れたりして、ワンディッシュで具だくさんパスタにしてしまうのもよいでしょう。

ちなみに冷凍ブロッコリーはパスタを茹でているときに一緒に鍋の中に入れておくと、パスタが茹で終わったころにブロッコリーも茹でられて時短になります。ぜひ作ってみてくださいね。