こんにちは!偏食児持ちの食育インストラクターのひなた葵です。忙しい毎日だとなかなかおやつを手作りする暇もないですよね。でも、なめらかプリンが自宅で簡単にパパッと10分程で作れたら嬉しくないですか? 
プリン作りの要とされるカラメル作りもレンジを使えば失敗なく簡単に作れてしまうんです。いずれも加熱時間は3分程度なので、仕事前や仕事帰りでも無理なく手作りすることができますよ! 
今回はアレンジ案として、子どもに人気のあるチョコプリンのレシピも紹介します。

レンジで3分♪カラメルの作り方

プリン作りで最も難しいとされるカラメルソースを、レンジで簡単に作ってしまえるレシピを紹介します。使用するレンジや耐熱容器によって時間は多少前後するので、様子を見ながら加熱をしていってくださいね。

【材料】(3人分)
砂糖 大さじ2
水 大さじ1
お湯 大さじ1

【作り方】

  1. 砂糖と水を混ぜ合わせ、ラップをせずに500wのレンジで3分加熱する。
  2. 砂糖水がカラメル色になってきたら取り出し、お湯を加えて混ぜる。

たったこれだけでカラメルソースが完成します。

カラメルにお湯を加える際に、「バチッ!!」と音がして中のカラメルが跳ねることがあります。かなりの高温となっているので、お湯を加える際には充分に注意をしてください。

レンジdeなめらかプリンの作り方

続いて、レンジで簡単に作れちゃうなめらかプリンのレシピに移っていきましょう! こちらもカラメルソースと同様に、3分の加熱で作れてしまうので、カラメルソース作りと合わせても約10分ですべての工程を終えられることになります。

これなら忙しいママでも気軽に手作りできるのではないでしょうか? 卵、牛乳、砂糖と家にあるものだけで作れるのもポイントが高いです!

【材料】(3人分)
砂糖 大さじ1
牛乳 200cc
卵 L1個またはM2個
バニラエッセンス(あれば) 少々

【作り方】
1.材料をすべて混ぜ合わせ、ざるでこす。

このザルでこす作業が非常に重要です。ザルでこすことによってなめらかプリンを生み出すことができるのです。

2.先程作ったカラメルをココット皿に入れ、上からプリン液を流し入れる。
3.ラップを上からふんわりとかけて500wのレンジで3分加熱する。

プリンに火を入れる際に、天板に水を敷かないので、ラップを必ずしてください。ラップをすることによって、手早く簡単に蒸しあがったような仕上がりになります。

4.ココット皿を傾けて、液が横から流れ出てこなかったら完成。
5.もし、まだ固まっていないようなら、30秒ずつ加熱していき様子を見る。プリンが完成したら粗熱を取って、冷蔵庫に移してくださいね!

ココット皿からひっくり返すとカラメルソースが流れ出てきておいしそうなプリンが食べられます。甘さ控えめのプリンなので、小さなお子様に分けてあげることもできます。すぐに作れるのでおやつとして用意しておくのもよし、食後のデザートにするのもよしと、食べたいときに簡単にレンジだけで作れるのが嬉しいポイントとなっています。

カラメルソース作りと合わせて約10分でとろりとおいしいなめらかプリンが出来上がるので是非試してみてくださいね♪

混ぜて冷やすのみ!簡単チョコプリンの作り方

続いてプリンのアレンジアイディアとして、こちらも手軽にパパッと作れてしまうチョコプリンのレシピをご紹介します。子どもにも人気のチョコプリンのポイントはマシュマロです。マシュマロを使用することによって簡単にチョコプリンを固めることができますよ。

【材料】(3人分)
板チョコ 1枚
牛乳 200cc
マシュマロ 100g

【作り方】
1.牛乳とマシュマロをボウルに合わせ500wのレンジで1分加熱する。

マシュマロやチョコがうまく溶けなかったら30秒ずつ様子を見ながら加熱をしていってください。材料をレンジで溶かすだけでOKです。

2.マシュマロが溶けたら小さく割ったチョコを入れて再度500wで30秒ほど温める。

このようなとろみのあるムースっぽいプリン液になります。そうしたら、人数分に取り分けて、あとは冷蔵庫にしまえば出来上がるのでとても簡単です。

3.材料がすべて溶けたらココット皿に入れて冷やし固める。

チョコプリンが固まったら、お好みで上にフルーツを飾ったりホイップを絞って乗せると一層見た目も華やかになりオシャレに仕上がりますよ!

今回、私はココット皿のふちに薄くスライスしたバナナを乗せました。ミントの葉があれば一緒に飾るとオシャレですね♪ アレンジのバリエーションはいくらでも広がるので、家にある果物を添えてみるのも素敵です。

なめらかプリンもチョコプリンも調理時間は約10分程度でどちらも仕上がります。忙しい家事の合間でもパパッと作れちゃうので是非プリン作りに挑戦してみてください♪