10分で作れるパラパラ炒飯をご紹介します。近隣のスーパーマーケットで手に入る「冷凍惣菜餃子」を使った炒飯です。そのまま焼いて食卓に出しても豪華なうえ、手軽に手に入るお求めやすい定番商品ですよね。今回ご紹介する「冷凍惣菜餃子」を使ったパラパラ炒飯は、餃子に味がついているので味付けの失敗がない簡単レシピです。

冷凍惣菜餃子を使ったパラパラ炒飯

【材料】(3人前)
市販の冷凍惣菜餃子 10個
サラダ油 大さじ1
卵 3個
冷凍ご飯 3人分 ※温かいご飯可
醤油または焼肉のタレ 小さじ1

お好みで万能ねぎ、糸唐辛子をご用意ください。

トッピングの万能ねぎはなくても可です
醤油の代わりに焼き肉のタレに代用可・トッピングの糸唐辛子はなくても可です

【作り方】

  1. ボウルに卵を割り入れよく溶く。冷凍惣菜餃子は電子レンジで解凍し、冷凍ご飯は温める。
  2. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、市販の冷凍餃子を入れてほぐしながら炒める。
  3. 強火にし、卵を入れて半熟になるまで加熱する。
  4. ご飯を入れてヘラで切るように炒める。
  5. 鍋肌から醤油または焼き肉のタレを入れ、全体を軽く混ぜる。

お好みで小口に切った万能ねぎ、糸唐辛子をトッピングしてください。

アレンジすれば週に何度も使える冷凍惣菜餃子

今回はスーパーマーケットのベルクスで10個入り199円で購入した「お惣菜屋さんの餃子」を使用しました。原材料を見ると「キャベツ、玉ねぎ、ニラ、生姜、ニンニク」が入っているのが嬉しいですね。みじんに切る工程を必要とする野菜が入っているのは、忙しい働くママにとってはとてもありがたい商品です。

餃子は家族が取り合いになる料理のひとつ。市販食品の冷凍餃子は簡単に食卓に出せるので週に何度も使いたいですが、家族の反応が気になります。簡単にアレンジできる炒飯はとても重宝するレシピのひとつですので、お試しください。

にんにくやオイスターソースなどで味付けされているので、自宅で準備する調味料は醤油または焼肉のタレだけで美味しく仕上がります。

小さいお子様であれば醤油は入れなくても美味しいです。ファミリーレストランのようなガツンとした味にしたい場合は醤油の代わりに焼肉のタレをお使いください。

【働くママへのエール】お助け食材を冷凍庫にストック!

ママは家族のために毎日料理する必要があります。料理以外にもやらなくてはならないことが山のようにある働くママにとって料理が負担に感じることは多いのではないでしょうか。

ママの笑顔のためにも市販食品を使うことに負い目を感じず、日々の料理にどんどんお役立てください!中でも冷凍餃子は家族が喜ぶ定番料理であるうえ、調理が簡単なため、冷凍庫の中に何個かあると安心できます。

我が家では、多忙な週に冷凍惣菜餃子が2回登場しても喜ばれます。炒飯に餃子が使われていることに気づかれないからです。焼き餃子に家族の反応が薄くなったころ「冷凍惣菜餃子」を使ったパラパラ炒飯をお試しください。

(料理家・料理教室主宰 山本由里子 @delicekitchen_official