偏食児持ち食育インストラクターのひなた葵です。今回は電子レンジを使用して時短でおいしい「ゆでたまご」を作るコツをご紹介します。
ゆでたまごをレンジで作るのはNGだって思いますよね? それはなぜかというと、レンジで卵を温めると爆発してしまうからです。しかし、実はレンジでゆでたまごを作れる裏技があるのです! レンジで温めても爆発しないんですよ~。しかも簡単にできてちゃんとおいしいんです♪ お好みで半熟にもできますよ。

そもそも、なぜ卵はレンジで温めると割れるのか?

卵をレンジで温めるとなぜ爆発してしまうのでしょうか? 卵は殻や膜で覆われているため、熱の逃げ場がなくて爆発してしまうという理論なのです。卵は殻ごとでも割ってでも、レンジで温めると爆発してしまいます。

殻や膜が破れて、熱の逃げ場ができれば爆発しないため、溶き卵をレンジで温めることはできます。でも、溶いてしまってはゆでたまごにはなりませんよね。

ですが、ほんのひと工夫でレンジでゆでたまごを作れる時短レシピがあるんですよ!

実際に作ってみた過程を紹介するので見ていきましょう。

ゆでたまごをレンジで作る方法

では、レンジでゆでたまごが作れちゃう裏技を紹介していきます!

【用意するもの】
卵 1個
卵がすっぽり入るサイズのマグカップ 1個
アルミホイル
ラップ

これだけで準備OKです。

【作り方】

1.まずは、卵にアルミホイルを巻いていく。

隙間があると爆発するので、隙間なく巻きましょう。

2.アルミホイルが巻けたらマグカップの中に入れて、必ず卵が隠れるくらいたっぷり水を入れる。

3.その上からふんわりとラップをかけたら600Wのレンジで8分ほど加熱する。

4.加熱が終わったら冷水につけて十分に冷ます。

5.粗熱が取れたらゆでたまごの完成。

お好みの茹で加減になるよう、加熱時間を調節してみてくださいね!

電子レンジでアルミホイルを使用する際の注意点

ただし、アルミホイルを電子レンジで使用する際は十分な注意が必要です。正しく使用しないと、アルミホイルが燃えてしまって火災の原因になったり、電子レンジ自体が故障してしまうことがあるからです。そう聞くと怖いですよね…。

今回のポイントは、マグカップの中にしっかりと水を入れることです。水の入りが不十分で、アルミホイルが水から飛び出していると火災の原因となります。アルミホイルの電子レンジの使用NGというよりは、電子レンジ内の水分と金属のバランスが問題となってくるのです。

東京電気管理技術者協会のホームページに詳しく紹介されているので参考にしてみてくださいね。

電子レンジにアルミホイルを使ってもいいの? 公益社団法人 東京電気管理技術者協会

100均グッズで簡単に温泉たまごを作ろう!

次に、100均グッズを活用してゆでたまごを作る方法をご紹介したいと思ったのですが、100均グッズではゆでたまごを作れるものは見つけられませんでした。

でも、レンジでチンの8分も待てない! そんな時は「温泉たまご」を作れるグッズを利用してみてはいかがでしょうか?

500Wで50秒加熱するだけで完成なので、急いでいる時にも便利です。使用したのは、こちらの「レンジで簡単!温泉たまご」です。

【用意するもの】
レンジで簡単!温泉たまごのキット

水 大さじ1杯

これだけでOKです。

【作り方】

1.キットの中に卵を割り入れ、つまようじで黄身の部分に5つほど穴を開ける。

2.水を大さじ3杯加える。

3.水を加えたらキットの蓋を閉めて500wのレンジで50秒加熱する。

4.加熱後、蓋を開けたらこのように奥で卵が固まっているため、再び蓋を閉じ湯切り口から余分な水分を捨てたら完成。

器に出し、麺つゆをかけたら温泉たまごが楽しめますし、丼の上に乗せるのもOKです。

温める時間を10秒ずつ様子を見ながら伸ばしていけば、白身が固まり半熟卵のようになっていくので、急いでいる時のゆでたまごの代用品としても十分成立します。

他にもある!卵料理の100均の便利グッズ!

最後に同じく100均グッズで簡単に卵料理が調理できるグッズを見ていきましょう。

こちらの商品は、レンジで玉子焼きが作れるものと、目玉焼きが作れるものが入っています。それぞれを作ってみたので、紹介しますね!

レンジde玉子焼き

【用意するもの】
卵 1個
だし顆粒 少量
水または牛乳 大さじ2杯

【作り方】

1.卵を割り、そこに水もしくは牛乳とだし顆粒を加えて混ぜる。

2.容器の5分目程度を目安に4つの型に流し込み、そのままレンジで600Wで1分20秒加熱する。

3.熱いので気を付けながら型から外すと完成。

味は出汁巻きのような感じで、ふわふわとした食感をしています。

お弁当の一品に加えてみても良さそうです。

レンジde目玉焼き

【用意するもの】
卵 2個
水 小さじ2杯

【作り方】

1.カップの中に1つずつ卵を割り入れ、黄身につまようじで数回穴を開ける。

2.そこに小さじ1杯ずつ水を入れる。

3.500Wのレンジで1分20秒加熱する。

特に表記はされていませんが、加熱する時にふんわりとラップをした方が均等に熱が伝わり、焼きムラがなく仕上がります。

レンジで時短ゆでたまごを作るだけでなく、今回紹介したように100均で売られているグッズを活用すれば手早く簡単に卵料理が作れることが分かりました!

ゆでたまごは特に調理時間のかかるものです。少しでも時短でゆでたまごを作りたい! という時にぜひ参考にしてみてくださいね♪