こんにちは。SNS映えより手軽さ重視なズボラ主婦ライター・大熊ね子です。ひき肉を使った料理と言えば、材料をたくさん切ったり、こねたり炒めたり…と手間がかかるイメージがあります。でも、下味をつけて冷凍保存しておけば、食べたいときには簡単15分でひき肉が主役のおいしい混ぜご飯を作ることができるんです。特売のときにまとめ買いして、冷凍庫に大量ストックしておくのがおすすめ!

特売ひき肉を簡単下ごしらえで冷凍保存

今回ご紹介するのは、下味をつけて冷凍保存しておいたひき肉を、レンジでチンしてご飯と混ぜるだけの簡単混ぜご飯です。下味をつけるのも簡単、調理手順も簡単なので、たくさん作って冷凍庫に常備しておけば、時間のないときの晩ご飯に活躍します。特売の日にまとめて買っておくことで、節約にもなりますよ。

下ごしらえに必要なものは、ひき肉とフリーザーバッグ、調味料、そして大さじ・小さじスプーンだけ。まな板やボウルもいらないから洗い物が最小限に済むのもうれしいポイントです。

大人も子どもも喜ぶ!ひき肉混ぜご飯の下ごしらえ

子どもも好きなひき肉を使ったご飯で、簡単なのにもりもり食べたくなるレシピをご紹介。1つ目は、ケチャップ味がおいしいタコライス風。2つ目は、みんな大好きなドライカレー風。3つ目は少し大人なピリ辛ビビンバ風です。

【材料】(4人分)

・タコライス風
合いびき肉 200g
ケチャップ 大さじ2
ウスターソース 大さじ2
おろしにんにく 小さじ1
サラダ油 大さじ½

・ドライカレー風
合いびき肉 200g
カレー粉 大さじ1と1/2
ケチャップ 大さじ1
塩 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1/2

・ビビンバ風
合いびき肉 200g
おろしにんにく 小さじ1
おろししょうが 小さじ1
コチュジャン 小さじ1(お好みで)
ごま油 大さじ1/2

【作り方(下ごしらえ)】

  1. フリーザーバッグにひき肉を入れ、調味料をすべて入れる。
  2. フリーザーバッグの中身を袋の外からよく揉みこむ。
  3. (2)を平らにならし、冷凍後に1人前ずつ使いやすいように菜箸などで割れ目を入れておく。
  4. 冷凍庫に入れれば下ごしらえ完了。

洗い物は少なく手も汚れないから簡単。

凍らせてもパキッと割りやすい。

4人前、3食分作ってもほんの15分ほどで完了。

食べるときはレンジでチンして、ご飯と混ぜるだけ!

食べるときは冷凍庫から出したひき肉を耐熱ボウルに入れてレンジでチンするだけなので、これまた簡単。フライパンも使わないから洗い物が少なくて準備がラクラクです。

<タコライス風混ぜご飯を食べるときの調理手順>

【作り方】

  1. 冷凍庫から取り出したひき肉1食分を割って出し、耐熱ボウルに入れる。
  2. ふんわりとラップをかけ、レンジで約4分間しっかりと加熱して火を通す。
  3. (2)のボウルに1人前のご飯を入れて混ぜる。
  4. お好みで野菜やチーズを盛り付ける。

※タコライス風なので、レタス・トマト・チーズをのせると◎

<ドライカレー風の場合>
手順(1)でボウルの中にミックスベジタブルを入れるのがおすすめです! その場合は、加熱時間を1分ほど伸ばしてみてください。

<ビビンバ風の場合>
手順(1)で冷凍ほうれん草を入れてからレンジで加熱、手順(2)のあとにもやしを入れてプラス1分加熱すると、よりビビンバ風の仕上がりに。

まとめ

いかがでしたか? このレシピは下ごしらえにも調理にも時間がほとんどかからず、おいしいご飯ができる究極の時短節約料理だと思っています。ひき肉の特売を見かけたら、ぜひたくさんストックをつくってみてください。