おいしくてヘルシーなコンビニのサラダチキン! 空腹時のおやつや食事にしてもいいですよね。でも頻繁に買っていると、けっこう高くつきます。そこで、今回はスーパーで売っている格安の鶏胸肉を使って、自分でサラダチキンを作ってみました。しっとり仕上げる秘密は、ジップロックを使って作ることです!

パサつくイメージの胸肉…しっとりジューシーなサラダチキンに変身するのか?

コンビニで売っているサラダチキン。低カロリーで高タンパクなことから、ダイエットをしている人にも人気があります。

胸肉というとパサつくというイメージですが、コンビニのサラダチキンはしっとりしていておいしいですよね。一体どんな作り方をすれば、こんなにジューシーでしっとりと仕上がるのでしょうか?

今回使用するのはスーパーで売られている普通の胸肉です。もも肉の半額ほどで売られていました。安いですね~!

この激安胸肉で、どこまでコンビニのサラダチキンに近づけられるのでしょうか?

今すぐ作って食べるのは無理…味付けして一晩休ませます

コンビニで売られているようなサラダチキンを、今すぐ作って食べたい!と思っても、さすがにできません!

まずは、胸肉に味をつけていきますよ。

砂糖をよくすりこみます。砂糖をまぶすことによりお肉が軟らかくなるんだとか! 胸肉1枚に対して小さじ1です。

お次に塩をすりこんでいきます。胸肉1枚に対して小さじ半分です。

胸肉をジップロック(密封できるビニール袋)に入れたら、最後にお酢を入れて揉みこみます。胸肉1枚に対して小さじ1です。

「お酢なんて入れたら、酸っぱくなっておいしくなくなるんじゃ?」と思われるかもしれませんが、お酢には砂糖と同様、お肉を軟らかくしてくれる効果があるそうです。これで味付けは終了です。一晩冷蔵庫で休ませます。

最後の仕上げ!ゆでればサラダチキンの完成!

一晩たちました! 胸肉が少しキュッと縮んだように感じます。

それではゆでていきますよ~!

鍋に水を入れて沸騰させたら一度火を止めます。

胸肉の入った袋を入れたら蓋をして2時間ほど置いておきます。

途中胸肉をひっくり返したりして全体に火が通るようにしましょう。

<注>鍋に火をかけた状態で入れないでください。鍋肌に触れている部分が耐熱温度100度を超えてしまう可能性があります。必ず火を止めてから入れるようにしましょう。

ジップロック® 使い方について 旭化成ホームプロダクツ

2時間たったので、胸肉を取り出しました。火はしっかりと通っているようです。

ジップロックから取り出してみました。まだほんのり温かくて、軟らかいです。
鶏肉のいい香りがふわ~っと広がります! これはおいしそう~!

包丁でスライスしました。
包丁で切っているときから感じるお肉の軟らかさ。パサつきも感じられず、ジューシーな仕上がりです。

コンビニのサラダチキンと並べてみました! 左が作ったもの、右がコンビニのサラダチキンです。見た目もまあまあ似ていますね。

いよいよ食べ比べ!自作サラダチキンはコンビニに勝てるのか?

それでは味を比べてみたいと思います!

もぐもぐもぐ…こ、これは!

すみません、自画自賛なんですが、自分で作ったサラダチキンの方がおいしいです! ジューシーでほんのり甘くて、塩加減が絶妙です。お酢の酸っぱさも感じられませんでした。

時間はかかるけど、手順自体は簡単ですし、何より安く大量にできます。サンドイッチの具にしたり、サラダのトッピングにしたり、いろいろアレンジもできるので、手作りのサラダチキンはおすすめです。

興味のある方はぜひ作ってみてくださいね。