お弁当の中身の一品で欠かせない「ミートボール」を使ってできるピーマンの肉詰めをご紹介していきます。子どものお弁当用などにミートボールをご家庭の冷蔵庫にストックしている方も多いのではないでしょうか? 今回は調味料もなし、火も使わず、15分以内に必ずできてしまう時短レシピです。働くママにとって夜の食卓の一品におすすめですし、台所育児を考えているママも初めてお子さんにやってもらうお手伝いとしても最適ですよ。

ミートボールのピーマン肉詰め

市販の味付きミートボールを使用するので、調味料は一切必要ありません。ミートボールをつぶしてピーマンの中に詰める。そしてチーズを上に載せてトースターでこんがり焼くだけの簡単な料理です。

【材料】(2人分)
ミートボール(トマトソース味) 1袋
ピーマン 2個
とろけるチーズ 1枚

【作り方】
1.ミートボールの袋の切り口を少し開け電子レンジで少し温めます(500W、30秒)。
温めた方がお肉が柔らかくなりつぶしやすいので温めていますが、そのまま温めずにつぶしてもOKです。

2.温めたら袋のまま手で中のミートボールをつぶします。

3.ピーマンを縦に半分に切り、中の種を取り出します。

4.ピーマンの中につぶしたミートボールを入れます。

5.ピーマンの上にとろけるチーズを1/4のせ、トースターで3~4分焼きます。

6.とろけるチーズがおいしそうに溶けていればお皿に盛り付けて完成です。
チーズの量、トースターでの加熱時間はお好みで調節してもおいしくいただけます。

ミートボールで味付け不要

今回使用したのは「楽しいお弁当 トマトソース味ミートボール」です。お子さんのお弁当用や幼児食用に冷蔵庫にストックできるので便利です。トマトソースで味付けがされているので、調味料いらずなのがポイントです。

「楽しいお弁当 トマトソース味ミートボール」(丸大食品、158円/3袋パック)

ピーマンの肉詰めを作るとなると肉種を作るだけでも大変ですよね。これはミートボールをつぶすだけなので、簡単です。また、ほぼ手も汚さず調理器具も使わないので洗い物も少なくて済みます。

【働くママへのエール】時短で余った時間は台所育児に使える!

忙しい日々の中でも台所育児を取り入れたいママはミートボールをつぶす作業は1歳児でもできるお手伝いです。私の娘も面白がって、ミートボールをつぶすのを手伝ってくれます。ピーマンはまな板の上でもそんなに転がらないので、包丁が使えるようになる年齢のお子さんであればピーマンを使って包丁を使う練習もできると思います。

トースターでチーズと一緒にこんがり焼くのでピーマンの苦みが消え、ピーマンが嫌いなお子さんもパクパク食べてくれるかもしれません。野菜嫌いなお子さんにもおすすめです。

(年子ママ幼児食インストラクター かすみん @tsumugite_kasumin