かぼちゃは夏に穫れ、かつては冬至までに食べきるものだったが、輸入品のリレーで1年中食べられるように。「冬至に食べると風邪をひかない」は、トップクラスの栄養価から。βカロテン、カリウム、ビタミンC・E・B1・B2、カルシウム、鉄も。βカロテンは体内でビタミンAに変わることから、抗酸化力の高いビタミンの組み合わせでビタミンACE(エース)と呼ばれる。6月上旬からは鹿児島県指宿産がお目見え。初物を楽しんで。

かぼちゃは丸ごとなら冷暗所で2カ月は保存可。カットした物は傷みやすいので、種とワタの部分をくりぬきラップをして冷蔵庫の野菜室へ。軽くゆでて冷凍しても。

<材料・2人分>
・まいたけ……………………………1パック
・ミニトマト…………………………6個
・長ねぎ………………………………適量
・豚ロース肉…………………………1枚(トンカツ用)
・塩、こしょう………………………少々
・サラダ油……………………………適量
・「キユーピーテイスティドレッシング 黒酢たまねぎ」…大さじ2

<作り方>

  1. かぼちゃはワタと種を取り、5mm幅に切る。まいたけは小房に分ける。
  2. 油をひいて熱したフライパンで(1)とミニトマトを焼いて取り出す。
  3. (2)と同じフライパンで塩・こしょうをした豚ロース肉を焼く。粗熱が取れたら2cm幅に切る。
  4. 長ねぎは白髪ねぎにし、水にさらして水気をきる。
  5. 器に(2)と(3)を盛りつけ、(4)をのせ、ドレッシングをかける。
    レシピ=キユーピー

◇百菜元気新聞の2019年6月1日号の記事を転載しました。