関東では卵形、東海から関西は長卵形、関西以西は長なす、九州は大長なす…地域品種が面白いなす。いまはどこでも、さまざまなものが入手しやすいので、漬け物には小ぶり、煮物には大きめ、焼きなすには長なす、炒め物や揚げ物には米なす、田楽やしぎ焼きには丸なすなど使い分けては。

ビタミンKやカリウム、葉酸、食物繊維を含み、皮にはポリフェノールの一種、ナスニンというアントシアニン色素が。アクはクロロゲン酸などのポリフェノールなので、水にさらす時間は控えめに。すぐに調理するならアク抜きナシで。冷蔵庫では低温障害で種が黒くなり傷みやすくなるので、新聞紙に包み常温保存で2~3日。

<材料・2人分>
・なす……………………………1本
・水菜……………………………2株
・オクラ…………………………2本
・みょうが………………………1個
・豚肉ロース(脂身なし)……6枚(120g)
・塩………………………………少々
・サラダ油………………………適量
・「キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ」……適量

<作り方>

  1. なすは縦半分にして斜めに切り込みを入れ横半分に切り、水にさらして水気をきる。オクラは塩をまぶして板ずりして、水で洗って水気をきり、3等分に切る。豚ロース肉は半分に切る。
  2. 水菜は長さ4cmに切る。
  3. フライパンに多めの油をひいて熱し、(1)を揚げ焼きにする。
  4. 器に(2)を敷き、(3)を盛りつけ、せん切りにしたみょうがをのせ、ドレッシングをかける。
    レシピ=キユーピー

◇百菜元気新聞の2019年5月1日号の記事を転載しました。