かぼちゃは夏に穫れ、かつては冬至までに食べきるものだったが、輸入品のリレーで1年中食べられるように。海外産も日本の種子から育ったもの。「冬至に食べると風邪をひかない」と言われてきたのは、野菜の中でもトップクラスの栄養価から。βカロテン、カリウム、ビタミンC・E・B1・B2、カルシウム、鉄も。
6月上旬からは鹿児島県指宿産の初物がお目見え。実は、ズッキーニも「ペポかぼちゃ」の一種で、かぼちゃの仲間。食べ比べて楽しんで。

かぼちゃの保存方法

丸ごとなら冷暗所で2ヵ月は保存可。カットした物は傷みやすいので、種とワタの部分をくりぬきラップをして冷蔵庫の野菜室へ。軽くゆでて冷凍しても。

焼き野菜のマリネサラダ

<材料・2人分>
・ズッキーニ……………1/2本
・たまねぎ………………1/2個
・かぼちゃ………………80g
・なす……………………1本
・プチトマト……………3個
・サラダ油………………適量
・「キユーピー レモンドレッシング」……………適量

<作り方>

  1. ズッキーニ、たまねぎは1cm幅の輪切りにする。かぼちゃはワタと種を取り、厚さ8mmに切る。なすは厚さ1cmの輪切りにし、水にさらして水気をきる。プチトマトは横半分に切る。
  2. フライパンに油をひいて熱し、(1)を両面焼く。
  3. 器に(2)を盛りつけ、ドレッシングをかけて、味をなじませる。
    レシピ=キユーピー

◇百菜元気新聞の2018年6月1日号の記事を転載しました。